スズキ「ソリオ/スイフト」等がリコール。エンジン停止で走行不能の恐れ有り

自動車ニュース”Response”の記事より、スズキ「ソリオ/スイフト」等がリコール。
リコールの内容としては、補機ベルトおよび機械式自動変速機コントローラに不具合によるもので、補機ベルトについては、マイルドハイブリッド車およびハイブリッド車にて、ウォーターポンプベルトの強度が不足しているために使用過程で破断することがあるとのこと。
そのため、ISG(モーター機能付発電機)とウォーターポンプが作動しなくなり、発電不良により充電警告灯が点灯して冷却水温上昇により水温警告灯が点灯。
最悪の場合、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

もう一つの機械式自動変速機コントローラについては、制御プログラムが不適切なために走行中に制御と異なるギヤに噛み合うことがあるとのこと。
そのため、警告灯が点灯するとともにフェールセーフが働いてクラッチを切断して、駆動力が伝わらなくなり走行不能となるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

これらのリコールについて、まず補機ベルトに関するリコールの対象となるのは、2015年7月29日~2017年3月2日に製造されたスズキ「ソリオ」「イグニス」「スイフト」、三菱「デリカD:2」の4車種で、合計11万2,725台がリコール。

改善措置として、全車両、ウォーターポンプベルトを対策品と交換する、リコール作業を行うとのことですが、不具合が既に218件発生済みで、事故は今のところ起きていないとのこと。

そして、機械式自動変速コントローラに関しては、2015年12月1日~2017年11月9日に製造されたスズキ「ソリオ」「スイフト」、三菱「デリカD:2」の3車種で、合計1万1,520台がリコールとなります。

こちらの改善措置として、全車両、機械式自動変速機制御コントローラの制御プログラムを対策プログラムに書き換える、リコール作業を行うとのことですが、不具合が既に10件発生済みで、事故は今のところ起きていないとのことです。

【直近のリコール関連記事】
VW「ゴルフ」やアウディ「A3」がリコール。ブレーキ/横滑り防止機能が作動しない恐れ有り
ジープ「コンパス/パトリオット」がリコール。エアバッグに不具合有り
レクサス「LC500/RC F/GS F」がリコール。燃料漏れの恐れ有り
三菱「RVR」がリコール。ワイパーモーターの不具合で動作しない恐れ有り
スバル「インプレッサ」等、無資格者の不正検査により2万台超えのリコール
日産「ジューク」が1万台を超えるリコール。最悪の場合ブレーキが効かないかも?
最悪エンジンが破損するかも?マツダ「デミオ/CX-3」等のディーゼルモデルが15万台を超えるリコール
メルセデスベンツ「GLCシリーズ」がリコール。ロービームの光軸が適合していない模様
BMW「1シリーズ」等がリコール。メーターパネルに不具合有り
ブレーキランプが付かないとか事故る!VW「ゴルフ」等が1万台を超える大量リコールを発令
三菱がまたもや7万台超えの大量リコール。今度はオーバーヒートする恐れ有り
三菱「アウトランダー/デリカ」等が9万台を超えるリコール。駐車中に勝手に動き出す?!
VW「ゴルフGTI」やアウディ「Q5」がリコール。燃料漏れの恐れ有り
アストンマーティン「DB11」がリコール。AMG製パーツの流用によりエアバッグが破裂する恐れ有り
スズキ「ワゴンR」等の4WDモデルが12万台の大規模リコール。ABS作動せず、既に600件以上が発生
マセラティ「ギブリ/クアトロポルテ」が新年早々リコール。オイル漏れにより火災の恐れ大
何だと?アルファロメオ「ステルヴィオ/ジュリア」が早くもリコール。ブレーキ関連に不具合有り
アウディ「A6/A7」が大規模リコール。オイル漏れにより火災が発生する恐れ有
アルファロメオ「MiTo(ミト)」がリコール。シートベルト関連の不具合により負傷する恐れ有り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう