韓国メーカ >KIA

韓国・起亜が新たなフラッグシップモデル「K900」はこうなる?某ドイツ車に似ていた件

韓国の自動車メーカ・起亜は、今年後半の発表に向けて第二世代モデルとなるフラッグシップセダン「K900」のティーザー画像を公開してきましたが、今回はレンダリング画像が公開されています。
「K900」は、先日同社が発表したばかりの「フォルテ/シード」に次ぐ主力モデルになるといわれ、販売が低迷する前モデルと比較して、顧客需要を押し上げるための重要なアップグレードモデルとなります。
また、韓国の自動車メーカ・ジェネシスにも対抗し得るエレガントなラグジュアリーセダンとして登場することが期待されています。

スポンサーリンク



以前、サイドデザインのみの「K900」のティーザー画像が公開されていましたが、今回は韓国・南陽にある起亜のデザイン本部とカリフォルニアのアーバインにある同社デザインスタジオのデザイナーによってレンダリングが作成され、フロントとリヤの両方がはっきりと確認できる形になっていますね。
今回公開される「K900」は、どことなくBMW「7シリーズ」を取り入れているようにも感じられますが、ヘッドライトやフロントグリルといったピンポイントデザインにおいては若干の変更が加えられています。

こちらはリヤデザイン。
どう考えてもメルセデスベンツの新型「Sクラス」を取入れているような…確かにフラッグシップモデルらしい高級感は有りますが、ちょっとこれはやり過ぎのような気がします。

エンジンラインナップについては、いくつかの変更が予定されていて、現在の排気量3.8L V型6気筒エンジン(最高出力311hp)を搭載するエントリーグレードと、排気量5.0L V型8気筒エンジン(最高出力420hp)を搭載する上位グレード以外にも、「スティンガー」に搭載される排気量3.3L V型6気筒ツインターボエンジンモデルがラインナップされるかもしれないとのこと。
「K900」は、今年のアメリカ・ニューヨークオートショー2018にて出展される予定となっています。

関連記事:韓国・起亜が新たなフラッグシップセダン「K900」のティーザー画像を公開。ドイツ御三家のフラッグシップモデルがライバルに(2018/2/22投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-韓国メーカ, >KIA
-, ,