日本メーカ >トヨタ/レクサス

意外と欲しいかも。トヨタが何とも個性的な「アイゴ・X-Citing」を発表。

先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、トヨタのコンパクトシティカーモデル「アイゴ・X-Citing」が公開されました。

スポンサーリンク



このモデルは、スタイリッシュなヘッドライトの下にブラックとクボミのアクセントを備えた独特のダクトをセッティング。
トヨタは、こうした独特の変化をもたらす自動車をX型フロントエンドと呼ぶようにしており、より強力で立体的な設計要素と表現しています。

デザインとしては中々に過激ではあるも、追加・変更要素は非常に限られていて、ブルーとマゼンタを含む特殊なカラーパレットだけでなく、新たなテールライトも装備。

足回りには、テクニカルルックのホイールキャップを備えた15インチアロイホイールを装備し、中々にスポーティなデザインに仕上げていますね。

インテリアについては、特に大きな変化は加えられていないものの、グラフィックスと照明、計器クラスターを装備。
デザインとしては、クォーツグレートピアノブラックのプレミアムカラースキームを設定します。
もちろん、上記以外にも3種類のトリムを用意していて、中間グレードの「アイゴ・x-play」エアコンや7インチインフォテイメントシステムを搭載。
上位グレードの「アイゴ・x-clusiv」には、スポットでの本革シート、トヨタ・セーフティ・センスシステムを装備します。

この他にも、「アイゴ・x-cite」と呼ばれる2色のマゼンタの外装と15インチのアルミホイールを装備し、インテリアにはボディカラーのアクセントとマゼンタステッチを施した個性的なシートを準備。
「アイゴ・xトレンド」は、シアンのアクセントとスポーツステッカーを装備したブラックの外観を持ち、インテリアにはシアンのディテールとスポット的なレザーシートを備えたプチ高級感を持たせた丁度良いグレードもラインナップ。

「アイゴ」のパワートレインは、より高い圧縮比と新しい燃料噴射システム、アイドル時の振動を低減するために改良されたバランスシャフトを備えるアップグレードタイプの排気量1.0L 直列3気筒エンジンを搭載(長ぇよ!)し、最高出力72ps、最大トルク93Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が13.8秒、最高時速は160km/hにまで到達します。

関連記事:トヨタが欧州市場に「アイゴ・X-Citedエディション」を販売。価格は約190万円から(2017/6/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, , ,