スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

【レンダリング】意外とアリかも?リヤウィングレスのランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」

世界限定9台のみ生産された希少なオープンモデル・ランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」をウィングレスにしたレンダリングが公開されています。
今回、レンダリングを担当したのはデジタルアーティストのYasid Oozear氏で、「ヴェネーノ」にとってモータースポーツの経験から得られた可動式リヤウィングは”命”ともいえるパーツですが、そうした重要パーツを排除するという思い切ったデザインとなっています(個人的にはこういった思いきりの良いレンダリングはかなり好み)。

スポンサーリンク

ただし、エンジンカバーの中央にある巨大なシャークフィンは何故か排除されていませんが、これを排除してしまうとヨー角のダウンフォースを発生させることが難しくなるため、ブレーキングとリヤエンドの安定性を高めるうえでは敢えて残しておくべきポイントだったのかもしれませんね(あくまで予想)。

こちらはリヤウィングを装着している「ヴェネーノ・ロードスター」。
画像や動画では見慣れているものの、改めて見てみるとそのデザインはやはり”過激”の一言。
車ではなく、もはや戦闘機の領域ですね。

こちらはフロントデザイン。
「ヴェネーノ」は、ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」をベースとしたハイパフォーマンスモデル。同車は、スペイン語で”毒”を意味しており、更には闘牛士であるホセ・サンチェス・ロドリゲスを即死させた最恐最悪の闘牛の名前でもあります。

パワートレインは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力750ps、最大トルク690Nmを発揮(「アヴェンタドールSV」と同じスペック)。
価格帯としては約4億円を超える程の高額モデルとなっています。

【関連記事】
押収されていたクリームカラーのランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」、実はかなり不評だった件【動画有】(2018/2/16投稿)
すんごい見やすい!ランボルギーニ「ミウラ」から最新「ウルス」までのデザインストーリーを僅か7分の動画にて【動画有】(2018/1/21投稿)
これは一体?フロリダにて、特殊なデザインのランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」が納車に(2017/4/16投稿)
もはや戦闘機。ジュネーブにて美しすぎるホワイトカラーのランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」が目撃に(2017/1/29投稿)
ちょっとした段差が命取り。ランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」が展示されるまでの動画【動画有】(2016/12/10投稿)
これは奇跡。ビバリーヒルズにて撮影者がランボルギーニ「ヴェネーノ ロードスター」に遭遇【動画有】(2016/11/4投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-, , ,