マツダのフェイスリフト版ステーションワゴン「アテンザ/マツダ6」がジュネーブにて登場。プレミアム市場に殴り込む

先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、フェイスリフト版となるマツダ「アテンザ/マツダ6」が世界初公開されました。
今回のフェイスリフトモデルは、外観の変更だけでなく多くの改良を受けたプレミアムステーションワゴンとなります。

スポンサーリンク

外観においては、よりディープで複雑なパターンの新たなメッシュグリルを採用し、更にはLEDターンシグナルと新しく統合されたフォグランプ、ヘッドライトを搭載。
その他の変更においては、ボディカラーに細かなトリム部分と標準17インチ、オプション19インチのアルミホイールを準備。

インテリアにおいては、高い技術力と高品質の素材に焦点を当てながらも、穏やかさや爽やかさを受けています。
シートはフルレザーを用いた分厚い生地に、欧州モデルのような上質な乗り心地(クッション性)や快適性を向上させています。

その他には、8インチのインフォテイメントシステムや最新の計器パネル、アップグレードされたドアトリム等、これまでの国産モデルに無い高品質とおもてなしが加味されています。

なお、ハイエンドグレードにおいては、計器クラスターに7インチのTFT LCDディスプレイと車両情報をフロントガラス直接投影するアクティブ・ドライブ・ディスプレイを搭載。
その他には、ナッパーレザーやSenウッドトリム、スエード仕上げの素材を加えたラグジュアリーパッケージを準備。

エンジンラインナップについては、ガソリンエンジンモデルが排気量2.0L 直列4気筒ガソリンエンジンを搭載するSKYACTIV-G 2.0(最高出力145ps/165ps)と、排気量2.5L 直列4気筒ガソリンエンジンを搭載するSKYACTIV-G 2.5(最高出力194ps、最大トルク258Nm)。
そして、エントリーモデルとなる排気量2.2L 直列4気筒エンジンを搭載するSKYACTIV-2.2(最高出力150ps、最大トルク380Nm/最高出力184ps、最大トルク445Nm)をラインナップします。

安全機能においては、フェイスリフト版より更に改良されたi-ACTIVSENSE安全技術を提供。
その内訳としては、最新のマツダ・レーダークルーズコントロールシステムや4台のカメラを使用したアラウンドビューモニタを搭載します。

【関連記事】
マツダ・新型「アテンザ/マツダ6」のステーションワゴンが登場。ジュネーブMSにて発表へ(2018/2/6投稿)
マツダ「アテンザ/マツダ6」のフェイスリフトモデルのティーザー画像が公開へ。2.5Lターボ搭載、11/29にLAデビューへ(2017/11/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう