超希少。走行距離22km&最終モデル&最後から3番目に製造されたランボルギーニ「ディアブロVT6.0SE」がオークションにて登場

ランボルギーニのフラッグシップモデルで、最終モデルとなる「ディアブロVT6.0SE」がRM Sothebyオークションにて登場。
「ディアブロ」といえば、スーパーカーブームの火付け役となった「カウンタック」の後継モデルで、1990年から2001年に約2,900台製造。
今回オークションにて登場した個体は、「ディアブロシリーズ」の最終モデルとなる「ディアブロVT6.0SE」で、しかもこのシリーズにて製造された全42台の内の最後から3番目(40番目)という希少モデルとなります。

スポンサーリンク

パワートレインとしては、「ディアブロGT」と同様に排気量6.0L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力550ps、最大トルク620Nmを発揮。これまで搭載されてきた排気量5.7L(最高出力530ps、最大トルク605Nm)を上回るスーパースポーツとなります。

外観としては、何とも珍しいダーク・ブラウン(Marrone Eklipsis)で、チタン仕上げのシフターや計器用ヴェゼルを備えた本革シートを準備。
そしてこの最終モデルにおいては、親会社となるアウディの最新DVDナビゲーションシステムも搭載します。

オーナー歴としては、2001年に一人目のオーナーに納車後、約7年間所有され香港のスーパーカーコレクターへと売却、2008年~2012年にかけて厳重な温度管理のもとで保管されてきました。
ちなみに走行距離はわずか22kmと全く走行されていない新車状態。つまりは、納車時点で22kmとなっていたため、実質走行されていません。

なお、この個体の予想落札価格は約3,360万円~3,920万円とされていましたが、最終的な落札価格は約4,600万円と「アヴェンタドール」の新車販売価格に近い結果となりました。

【「ディアブロ」関連記事】
早過ぎ…今年出品されたばかりのランボルギーニ「ディアブロGTR」が早くも中古市場に登場(2017/12/26投稿)
ランボルギーニ「ディアブロSE30」が中古車市場に登場。価格はやはり高額の約8,000万円(2017/8/3投稿)
世界限定30台。ランボルギーニ「ディアブロGTR」がオークションにて登場、予想落札価格は約9,400万円(2017/8/1投稿)
世界限定30台のみのランボルギーニ「ディアブロGTR」がオークションに登場。予想落札価格は3,700万円以上(2017/5/9投稿)
世界限定80台のランボルギーニ「ディアブロGT」がオークションに出品。予想落札価格は5,500万円(2016/9/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう