ジュネーブにて、ブラックに珍しいイエローアクセントのランボルギーニ「アヴェンタドールS・ロードスター」が登場

スイス・ジュネーブにて、ブラックをメインにイエローのアクセントが加えられた、何とも珍しいランボルギーニ「アヴェンタドールS・ロードスター」が目撃されています。
「アヴェンタドール」のフェイスリフトモデルでおまけにオープンタイプとなる「アヴェンタドールS・ロードスター」を目撃するだけでも中々に珍しいことではありますが、これに加えてちょっと不思議なカラーリングにまとめてきた個体というのも珍しいのではないかと思います。

スポンサーリンク

今回目撃されているのは、全体がマット系ブラックのボディカラーにてまとめられ、エアインテーク周りやフロントスプリッター、サイドドアフレームにイエローのアクセントを加えた個性的な一台。
この個体以外にもクーペタイプの「アヴェンタドールS」やハイパフォーマンス・オープンモデルの「アヴェンタドールSV・ロードスター」も登場していて、この日はランボルギーニ関連のミーティングが開催されていたのだとか。

イエローのアクセントカラーは、カラーラッピングにて施されたのではなく、ランボルギーニ純正のカラーであるとして特別オーダーメードのアド・ペルソナムプログラムにて仕上げられたものと思われます。
足回りも、純正のフロント20インチ、リヤ21インチの異径タイプとなるディアンタスホイールを装着。
ブレーキキャリパカバーはアクセントカラーと同じイエローを選択しています。

リヤは意外にもシンプルにブラックでまとめていますが、リヤセンターの”Lamborghini”バッジがイエローにて塗装されているところは中々のセンスを感じます。

こちらはミーティング風景。
こうしてみると、イエローの「アヴェンタドールSV・ロードスター」がとんでもなくド派手に見えますが、これで一応フルノーマルというのが驚きです。

【関連記事】
かなり細かい。ランボルギーニのセールス・ウーマンが「アヴェンタドールS」をどこよりもわかりやすく・細かく解説【動画有】(2017/8/24投稿)
ドイツにて、ちょっと変わったランボルギーニ「アヴェンタドールS」が目撃に(2017/8/19投稿)
これは珍しい。ロンドンにて、ゴールドカラーのホイールを履いたランボルギーニ「アヴェンタドールS」(2017/8/18投稿)
何でこんなところに?。カナダの某所にて、マットブラックのランボルギーニ「アヴェンタドールS」が目撃に(2017/7/12投稿)
グッドウッドフェスティバルにて、ランボルギーニがワンオフモデルの「アヴェンタドールS」を公開(2017/7/1投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう