メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が公道デビュー。ちょっと残念なシーンも…【動画有】

メルセデスベンツAMGが生み出した最高出力1,000ps超えとなる最強のハイパーカー「プロジェクト・ワン」が、アメリカ・フロリダ州アメリア島のコンクール・デ・エレガンスにて公道デビュー。
以下の動画では、「プロジェクト・ワン」が徐行レベルで走行しているシーンのみ公開されていますが、やはりその存在感は圧倒的。

スポンサーリンク

もちろん、この動画にて登場する「プロジェクト・ワン」はプロトタイプモデルとなるため、エンジンも恐らくダミーと推測。
未だ生産準備が確立されていないスペシャルモデルということもあって、もしかすると開発段階もまだまだ中盤レベルなのかもしれません。

なお、以下の動画では「プロジェクト・ワン」が坂を上るシーンが出てきますが、パワーが不足して自走できずに、人の手押しで走行する”シュールなシーン”も公開されています。

【MERCEDES PROJECT ONE ON PUBLIC ROADS (HAD TO BE PUSHED)】

【MERCEDES AMG PROJECT ONE DRIVING IN AMERICA!】

Reference:motor1.com

関連記事:メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」はニュルのラップレコードを大幅に更新可能。しかし問題なのは…?(2018/3/13投稿)

メルセデスベンツAMGが生み出した1,000馬力超えとなる最強のハイパーカー「プロジェクト・ワン」。
世界限定275台のみ販売されたこの個体は、信用できる顧客1,100名の中から選出され、すでに完売済みとなっている人気モデルとなっています。
メルセデスベンツAMGのボスであるトビアス・マイヤーズ氏によると「プロジェクト・ワンは、ニュルブルクリンクのラップレコードを打ち負かす可能性がある」と大胆に主張。

ニュルブルクリンクでのラップレコードで、最も速い記録を所持するのは、ステファン・ベローフ氏が1983年にポルシェ「956」で記録した6分11.1秒、そして市販モデルで最速記録を樹立したのが、こちらもポルシェ「911GT2RS」の6分47秒。

スペックとしては、ポルシェ「911GT2RS」は最高出力700psを発揮しますが、「プロジェクト・ワン」はF1技術を活かした低排気量&電気モータのハイブリッドエンジンにより1,000psを発揮し、加速性能も抜群。そして約675kgのダウンフォースを発生し、「911GT2RS」よりも大幅なダウンフォースを発生することが可能となっています。
こういったことから、「911GT2RS」のラップレコードを大幅に塗り替えられることが期待できますが、一番の問題は「プロジェクト・ワン」の性能を引き出す”ドライバ”を見つけること。

「プロジェクト・ワン」は、Xtracによって開発されたF1技術由来のエンジン、8速トランスミッションを備えていますが、操作性は非常に難しく、おそらくAMGからの厳しい訓練を受けない限りは相当に”扱いにくい”車体であることは間違いなさそうですが、この操作をマスターしたあとのラップタイムは相当に期待できそうですね。

【関連記事】
メルセデスベンツAMGのハイパーカー「プロジェクト・ワン」の技術情報が明らかに。当初のスペックと異なる模様(2018/2/投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が遂に初公開。1,000馬力以上、ドアはガルウィング【動画有】(2017/9/12投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」は、最強のF1と同じ工場にて製造。納車も2020年まで延長か(2017/10/3投稿)
【悲報】メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が未納車であるも既に中古車市場にて販売中(2017/11/8投稿)
中古市場に登場していたメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」がまさかの6億円台にて販売中(2017/11/9投稿)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう