これヤベェ。日本人チューナーによって生み出されたポルシェ「911RWB」がオークションに登場

Bring A Trailerオークションにて、ポルシェの1989年式「911 Carrera 4」をベースとしたチューニングモデル「911RWB(RUH-Welt BEGRIFF~ラウヴェルト・ベグリッフ~)」がオークションにて登場。

スポンサーリンク

こちらの個体、圧倒的な独創性にて世界中から人気を集める日本人ポルシェチューナーの中井 啓(なかい あきら)氏によって生み出された過激な一台で、マッチバンパーやサイドシル、ダブルデッカーリヤウィング、ロタナスタイルの拡張カナード、フェンダーウィングを装着。

足回りについては、KW V3コイルオーバーセットのサスペンションを装着し、「993ターボ」譲りの超強力ブレーキ、フロント265/35/18インチ、リヤ335/30/18インチのフォージェスターホイールとピレリ・コルサタイヤをセット(オプションにて19インチのCCW製合金ホイールも提供可)。

RWBの大きな特徴でもある極太ホイールをカバーする外付けリベット留めのオーバーフェンダーも健在。
このオーバーフェンダーは、中井氏の一人手作業によって生み出されたもので(もちろん、他のパーツも全て中井氏の手作業)、切り出しや削り、塗装なども全て彼一人。
カウルの取付けも自らの手で行っているとのことで、まさに匠の技が光る一台となっています。

エンジンは再構築された排気量3.6L 水平対向6気筒エンジンにBisimoto Engineering製のターボキットを1台搭載し、AEM Infinity ECUやGarrettインタークーラーコア、1,000ccインジェクタ―、ガスケット、タイミングチェーンレール、ベルト、カスタムJEピストン等が装備され最高出力400hp、最大トルク532Nmを発揮。駆動方式は四輪駆動(AWD)で、トランスミッションは5速マニュアルギヤボックスを搭載します。

インテリアはかなり過激なレーシング仕様(チューナー中井氏のサイン付)。
カラーマッチしたロールケージやレーシングハーネスを備え、MOMOスーパーカップのフルレザーバケットシートを装備。これで腰もバッキバキですね。

なお、この個体の予想落札価格は不明となっていますが、この日の目玉商品になることは間違いなさそうです。

【関連記事】
これはやり過ぎ。ドイツにて、ゴリゴリにカスタムされたポルシェ「911」が目撃に(2018/2/25投稿)
アメリカにて、ポルシェ「911(997)ターボ・カブリオレ」のLB仕様が目撃に(2017/6/27投稿)
ゲンバラが過激な「GTコンセプト」をSEMAショーにて発表。LB風の族車仕様で840馬力を発生(2017/11/1投稿)
フランスにて、かなり過激なゲンバラ「993GTR600」が目撃に(20176/22投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう