大阪の民間業者が不正車検。その台数は10年間で約6,000台、1.2億円の不当収益も

大阪府岸和田市の民間車検場である大月自動車工業の経営者ら4人が、不当な車検(ウソの車検書類作成)を過去10年間行ってきたとして先日逮捕されました。
具体的な内容としては、昨年7月に大賀貨物自動車等の6台分を”実際に車検を行っていないにも関わらず、不正に偽造して車検証明書を発行した”というもの。

スポンサーリンク

これは、国や地方公共団体などの機関や公務員が作成する公文書を偽造・変造する「有印公文書偽造・同行使」と呼ばれる非常に重い罪で、法定刑では1年以上10年以下の罰則が設けられることとなります。

同社経営者の説明によると、今回不正に行われた車検証偽造作成・発行は、過去10年間で約6,000件分行ったとして、これによる手数料の収益は約1.2億円にも上っているとのこと。

なお、こういった車検の不正行為は、昨年の11月にも関東にて行われていて、その際の内容としては「荷台に”さい枠”取付違法改造」したダンプカー4台分を、ほとんど検査などを行わずに30分程で終わらせて車検に合格させ、嘘の書類を作成したというものでした(しかも、違法に改造したダンプカーに限っては通常料金よりも高額で引き受けていたとか)。

【【日本ニュース】不正に車検通した疑い 民間車検場の社長ら逮捕(2017/11/13)】

【関連記事】
フィリピンにて、不正輸入された高級車30台が公開処刑。後日、各種スーパーカーも破壊予定【動画有】(2018/2/7投稿)
フィリピン政府、次なるはポルシェやマセラティ、BMW等の不正輸入車両を容赦なく破壊【動画有】(2018/3/17投稿)
アメリカチューナーが日産「GT-R R33」を不正輸入。最低でも20年の懲役か(2017/5/20投稿)
遂にハミタイが車検に通る時代へ。車の保安基準が6月末より一部改定(2017/7/9投稿)

Reference:yahoo!ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう