ほろ苦い「マクラーレン・セナ」?全身チョコレートデザインの特別なレンダリングが公開

マクラーレンのアルティメットモデル「P1」の後継として、世界限定500台のみ販売された「マクラーレン・セナ」。
車名についている”セナ”とは、今は亡きF1ドライバであるアイルトン・セナの名を冠したスーパースポーツモデルとなりますが、この個体は先代モデルとなる「P1/P1 GTR」よりも優れた性能を持ち、更に速く走れる可能性が高いと言われています。
そんな究極のスーパーカーである「マクラーレン・セナ」を全身チョコレート・カラーにまとめた特別なレンダリングが公開されています。

スポンサーリンク

今回公開されているレンダリングは、実際に顧客がオーダーしたデザインではないものの、こういったチョコレートをイメージしたデザインも可能であることを指し示すマクラーレンの裾野の広さをあらわしたPR画像となっています。

レンダリングからも確認できる通り、まるでブラウン系やブロンズ系にも見えるダークな色合いに加えて、カーボンファイバパーツもふんだんに使用することで、全身がビターチョコレートのようにほろ苦い印象を受ける”アダルティ”なデザインにまとめられています。

インテリアは、ブラックの部分がカーボンファイバトリムで、ブラウン系がアルカンターラと究極の組合わせとなっていますが、車内に乗るのが勿体ないほどの希少性があります。

シートはこんな感じ。
ブラウン系のアルカンターラは、体がフィットする部分だけを使用しており、それ以外のところは軽量化も含めて無駄を排除しています(つまりは体が密着しないところにはアルカンターラ素材を不採用)。

「マクラーレン・セナ」のスペックとしては、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載するノンハイブリッドタイプで、最高出力800ps、最大トルク800Nmを発揮(内燃機関だけであれば、マクラーレンのラインナップ史上最強のパワーを発揮)。
トランスミッションは7速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションをリヤアスクルに介するため、駆動方式は後輪駆動(MR)となります。
そして、空力特性としては、250km/hの速度にて走行時に最大800kgのダウンフォースを発生することが可能となっています。

【関連記事】
マクラーレンの最新モデル「マクラーレン・セナ」が遂に世界初公開。世界限定500台、800馬力を発揮(2017/12/10投稿)
「マクラーレン・セナ」に社外ホイールを履かせてみたら?マルチスポークも中々に似合う件(2017/12/18投稿)
「マクラーレン・セナ」の詳細スペックが明らかに。そして「P1 GTR」よりも速く走れることも判明【動画有】(2018/2/8投稿)
「マクラーレン・セナ」には5つのスペシャルオプションが存在。その内の一つがジュネーブMSにて公開へ(2018/3/1投稿)
「マクラーレン・セナGTRコンセプト」がジュネーブMSにて登場。限定75台のみ、825馬力発生(2018/3/6投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう