「マクラーレン・セナ」には負けん。Wheelsandmoreがマクラーレン「720S」を800馬力までカスタム

最近何かと注目のドイツチューナー・Wheelsandmoreが、フェラーリやランボルギーニ、メルセデスベンツAMGに続いて、今度はマクラーレン「720S」を過激チューン&カスタム。
今回カスタムされている「720S」は、ステージ1&2のチューニングパッケージに加えて、特注ホイールを装着した過激モデルとなります。

元々のスペックである排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンに、最高出力720ps、最大トルク770Nmというだけでも十分過激な「720S」ですが、ここにECUをリマッピングし、新たなエキゾーストシステムをインストールすることでパフォーマンスを大きく向上しています。

スポンサーリンク

まずステージ1のチューニングにおいては、最高出力770ps(+50ps)、最大トルク850Nm(+80Nm)とランボルギーニ「チェンテナリオ」顔負けの過激スペックを持ちます。
続いてのステージ2のチューニングは、最高出力800ps(+80ps)、最大トルク880Nm(+110Nm)と、同社最新アルティメットモデル「マクラーレン・セナ」と同等の馬力を発揮。
これによりパフォーマンスは大きく向上するも、Wheelsandmoreは敢えて0-100km/hの加速時間などは公表していない模様。

外観の足回りにおいては、高さ調節可能なローダウンスプリングと特別カラーのオレンジ系AZORESに近いアフターマーケットホイールを装着。
特にホイールについては「FIWE/FORK/6Sporz²」と3つのリムパターンが準備されていて、フロントは9.5j×20インチ、リヤは11.5j×20インチ or 12j×21インチがラインナップされ、それに装着されるタイヤはピレリとなります。

【Wheelsandmore関連記事】
WheelsandmoreがV8エンジン搭載のフェラーリ「GTC4ルッソT」をチューン。V12以上のハイスペックモデルに(2018/3/18投稿)
フェラーリ「812スーパーファスト」を早くもカスタム。820馬力まで向上し、イカついフェラーリに(2018/2/11投稿)
日産「GT-R」を740馬力に過激チューン。オレンジホイール&アクセントでヤンチャ仕様に(2017/12/19投稿)
WheelsandmoreがメルセデスベンツAMG「GT Cロードスター」を過激チューン。フェラーリ「488スパイダー」と同等のパワーを発揮(2017/11/11投稿)
La MaXXinaが過激カスタム。最高出力750馬力→800馬力アップのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を公開(2017/5/4投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう