米国メーカ >シボレー

シボレー「コルベットZR1」がディーラに到着。レッドカラーでフェラーリ風のスポーツカーに

アメリカの某ディーラにて、シボレーのハイパフォーマンスモデル「コルベットZR1」が遂に到着。
ボディカラーは何ともスポーティなレッドカラーで、いかにもフェラーリのロッソ・コルサに近い高級な色合いが確認できます。
ただ、今回到着している「コルベットZR1」は、調整可能な大型リヤウィングやカーボンファイバ製エンド・エレメントを備えたフロント・スプリッター、ロー・ウィングといったエアーパッケージが装着されていないモデルとなります。

スポンサーリンク

そのため、この後ディーラにてエアーパッケージを装着する作業が行われるのかと思いますが、こういったパッケージングはメーカオプションではなくディーラオプションとして扱われるのか非常に気になるところ。
つまりは、オプション等は一切設定されておらず完全ドノーマルのままで納車されても、後日エアーパッケージやZTKパッケージといったレーシングスタイル風に設定することが可能なのかもしれませんね。

ちなみに「コルベットZR1」は、排気量6.2L LT5のイートン製V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力765ps、最大トルク968Nmを発揮。トランスミッションは7速MT又は8速ATのいずれかが選択可能。最高時速は337km/h以上。
またアメリカ・ヴァージニアのインターナショナル・レースウェイにて行われたラップタイムについても2分37.25秒を記録し、「フォードGT」の2分38.62秒よりも僅かに1.37秒速いというとんでもない結果も残したスーパースポーツモデルとなります。

【「コルベットZR1」関連記事】
その記録僅か1秒差。シボレー「コルベットZR1」が「フォードGT」のラップタイムを更新【動画有】(2018/2/2投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生(2017/11/13投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ(2017/11/29投稿)
ヘネシーが1,200馬力超えのシボレー「コルベットC7 ZR1」をチューニング、0-100km/hは驚異の2.2秒(2017/12/9投稿)
マジか。生産第1号のシボレー「コルベットZR1」と「フォードGT」等の希少モデルがオークションに登場。収益金はチャリティー団体に寄付(2018/1/4投稿)
えっ、マジ?生産第1号のシボレー「コルベットZR1」がオークションにて約1.1億円にて落札(2018/1/21投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, ,