僅か5台のみ。日本にて、右ハンドル仕様のケーニグセグ「アゲーラS」が販売中

日本の中古車ディーラ・Classic Driverにて、世界限定100台のみ販売された「アゲーラS」が販売中。
この個体は、「アゲーラR」をベースとした環境配慮仕様モデルで、先代の「CCXR」はバイオヒューエル燃料を使用しているのに対し、「アゲーラS」はエレクトリックシステムを特別に採用しています。

スポンサーリンク

外観としては、「アゲーラR」とほぼ同じタッチと機能性を持つため、「アゲーラS」との見分けを付けるのは相当に難しいのかもしれません。

ボディカラーは、何ともマニアックなマット系ブルーを採用し、ブラックとブルーのセンターデカールが何とも印象的。

インテリアは、ブラックを基調としたレザーシートを採用し、こちらもボディカラー同様にブルーのカラーアクセントが決め手となっています。
これはかなり珍しいのですが、右ハンドル仕様ということで、世界に僅か5台しか存在しない特別な仕様となっています。

ステアリングやダッシュボード、センターコンソールには多くのカーボンファイバパーツが多く流用されていますね。
ちなみに、この個体の走行距離は意外にも多めの4,550kmとなっています。

パワートレインとしては、排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高k出力1,030hp、最大トルク1,100Nmを発揮します。
なお、パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が2.9秒、最高時速は398km/hにまで到達します。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:さすが富豪。自身のクリスマスプレゼントにケーニグセグ「アゲーラR」を納車、しかも購入先は日本【動画有】(2018/1/1投稿)

人気ユーチューバー・Sheem150氏の友人(@zachs_garage)が、自身のクリスマスプレゼントにケーニグセグ「アゲーラR」が納車されるとのことで、イギリスの友人の自宅に訪問・納車に立ち会うことに。
友人の自宅付近に向かうと、既に「アゲーラR」を載せたトラックが停車しており、早速納車準備。
中から登場したのは、サテンホワイトのボディカラーにブルーのアクセントが加えられた特別なデザイン。実はこの個体、日本にて販売されていた中古車であるとして、走行距離は800km以下とほぼほぼ新車に近い個体であるとのこと。

「アゲーラR」は、「アゲーラ」をベースとしたハイパフォーマンスモデルで、基本的なパワートレインは排気量5.0L フォード製V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力940ps/6,900rpm→1,115ps/6,900rpm、最大トルク1,100Nm/4,000rpm→1,200Nm/4,100rpmへと向上。0-100km/hの加速時間は2.9秒、0-200km/hの加速時間は7.5秒、最高時速は440km/hにまで到達するといわれています。

ところどころにブルーのアクセントが加えられている「アゲーラR」。エンジンルームのシリンダ、リヤスポイラー等にもそのアクセントが見られ、前オーナーは相当にブルーのアクセントに拘りを持っていたのでしょうね。

インテリアはブラックを基調としたフルレザーシートに、あらゆるところにはカーボンファイバパーツを採用。
ステアリング後ろにあるパドルシフトもブルーカーボンによるアクセントが追加。

購入価格については不明ではありますが、一台あたり最低でも数億円の価値を持つケーニグセグモデル。ある意味世界でもトップクラスのクリスマスプレゼントになったのではないかと思います。

【関連記事】
早くない?カーセンサーにて、ホンダ「NSX」が販売中。ケーニグセグ「アゲーラR」も
ケーニグセグ「アゲーラR」がスイスの中古車市場にて販売中。納期4年分の金額も含めると破格の値段

【My Friend’s Koenigsegg Christmas Present!】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう