パガーニ「ウアイラBC/ウアイラ・ロードスター」がリコール。バッテリ不具合で始動できない?!

先日、アメリカの米国運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)がフェラーリ「488GB」をブレーキ管理システムに関する不具合によりリコール発令しましたが、今度はパガーニの2017年モデルとなる「ウアイラBC」と「ウアイラ・ロードスター」のリコールを発令しました。

スポンサーリンク

今回リコールの対象となるモデルは、上記2モデルで対象台数は僅か16台となります。
リコール内容としては、バッテリに不具合があるとして、車両を始動させるための電力供給が不足し、最悪の場合、車両が動かない恐れがあるとのことですが、残念ながら現時点では対策品が開発されておらず、いつ頃対象モデルが回収されるか不明になっています。

「ウアイラ」と言えば、「ゾンダ」の後継モデルとして2012年に登場し、ボディのほぼすべてがカーボンファイバにて製作されています。
パワートレインは、排気量6.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載(アストンマーティン「DB11」に似たもの)し、最高出力730psを発揮。
なお、2016年に発売されたハイパフォーマンスモデルの「ウアイラBC・クーペ」は世界限定20台のみ製造され、最高出力は755psを発揮。オープンタイプの「ウアイラ・ロードスター」は、ただ単にルーフがオープンになっただけでなく、車体重量もクーペよりも軽量化され、最高出力も764psへとアップグレードされた究極の一台となります。

【直近のリコール関連記事】
フェラーリ「488GTB」がリコール。ブレーキ管理システムが作動しない恐れ有り?!(2018/3/26投稿)
ルノー「カングー」にリコール。燃料漏れ・ECUに不具合有り(2018/3/17投稿)
シトロエン「C3」等がリコール。タカタ製エアバッグの不具合有り(2018/3/16投稿)
ジープ「グランドチェロキー」等がリコール。オルタネータ不具合でエンジン始動不可の恐れ有り(2018/3/10投稿)
マツダ「CX-8」が早くもリコール。自動ブレーキシステムが作動しない恐れ有り(2018/3/9投稿)
スズキ「ソリオ/スイフト」等がリコール。エンジン停止で走行不能の恐れ有り(2018/3/8投稿)
VW「ゴルフ」やアウディ「A3」がリコール。ブレーキ/横滑り防止機能が作動しない恐れ有り(2018/3/3投稿)
ジープ「コンパス/パトリオット」がリコール。エアバッグに不具合有り(2018/2/20投稿)
レクサス「LC500/RC F/GS F」がリコール。燃料漏れの恐れ有り(2018/2/14投稿)
三菱「RVR」がリコール。ワイパーモーターの不具合で動作しない恐れ有り(2018/2/8投稿)
スバル「インプレッサ」等、無資格者の不正検査により2万台超えのリコール(2018/2/8投稿)
日産「ジューク」が1万台を超えるリコール。最悪の場合ブレーキが効かないかも?(2018/2/3投稿)
最悪エンジンが破損するかも?マツダ「デミオ/CX-3」等のディーゼルモデルが15万台を超えるリコール(2018/2/1投稿)
メルセデスベンツ「GLCシリーズ」がリコール。ロービームの光軸が適合していない模様(2018/1/31投稿)
BMW「1シリーズ」等がリコール。メーターパネルに不具合有り(2018/1/29投稿)
ブレーキランプが付かないとか事故る!VW「ゴルフ」等が1万台を超える大量リコールを発令(2018/1/27投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう