中身は強烈なフェラーリV8エンジン。マセラティ「レヴァンテ・トロフェオ」が遂にデビュー

マセラティのSUVモデル「レヴァンテ」の上位グレードとなる「レヴァンテ・トロフェオ」が遂に世界デビュー。
この個体は、ポルシェ「カイエン・ターボ」並みの強力なパワーを持つ、排気量3.8L フェラーリ製V型8気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力600ps、最大トルク730Nmを発揮します。

スポンサーリンク

パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.9秒とSUVモデルとは思えぬ驚異的な加速力を発揮し(ニュルでのSUV最速モデル・アルファロメオ「ステルヴィオ」の510psよりも更に強力)、最高時速は300km/hにまで到達します。

外観においては、大口化されたダクトやサイドスカートにカーボンファイバパーツを採用。
サテン系のグレーペイントやブラックのアクセントを加えることでアグレッシブさの向上に加えて、更なる高級感が追加されています。
サイドから確認してみると、クーペスタイルのSUVというよりは、ハッチバックに近いスタイリッシュさを持っています。
足回りについては、22インチの巨大ホイールに、レッドカラーのブレーキキャリパカバーを装着。

インテリアは、何とも高級感の漂うブラックの本革シートに、レッドのカラードステッチを採用。
ヘッドレストには、マセラティのブランドロゴが縫合されていますね。

ちなみにリヤシートにもちゃっかりとマセラティのブランドロゴが。

こちらはセンターコンソール。
通常グレードでは中々採用されないカーボンファイバパネルが採用され、より一層高級感が演出されています。

【関連記事】
中々にワルな仕上がり。Novitecがマセラティ「レヴァンテ」専用ボディキットを公開
Larteデザインがマセラティ「レヴァンテS」をカスタム。スポーツパッケージ搭載で戦闘力アップ
スターテックがマセラティ「レヴァンテ」を極悪カスタム。ブラックをメインにレッドのアクセントがポイント
LarteDesignがカーボンパーツを多用したマセラティ「レヴァンテ」を公開
これはグッド。Novite仕様に身を纏ったマセラティ「レヴァンテ」が公開に
スターテックがマセラティのSUVモデル「レヴァンテ」専用ボディキットを公開に

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう