【激レア】ブラック(ネロ・デイトナ)カラーのフェラーリ「F50」が5.6億円にて販売中

フェラーリが創設50周年を記念して世界限定349台のみ製造したスペシャルモデル「F50」がアメリカの中古車市場にて販売中。
今回中古車市場にて登場した「F50」は、アメリカにて僅か55台のみ納車され、更にその中で僅か2台のみ製造されたのがブラック(ネロ・デイトナ)カラーモデルとなります。
「F50」は、「F40」の後継モデル(「エンツォ・フェラーリ」の先代モデル)として1995年に発売され、開発コンセプトとして掲げられたのが「公道を走るF1」と言われています。

スポンサーリンク

ブラックカラーの「F50」と聞くだけでも、かなりのレアモデルと言えますが、それ以上に貴重なのが走行距離で、この個体の走行距離は僅か”4,801マイル(7,726km)”。
そして、フェラーリの定期的なメンテナンスサービスも実施済み。

「F50」には、非常にシンプルなカーボンコンポジット製となるセンターモノコックF1用エンジンをボディへ直にボルト止めしていて、F1マシンそのままの高剛性な車体構成となっています。

パワートレインとしては、排気量4.7L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力520ps/8,500rpm、最大トルク471Nm/6,500rpmを発揮する高回転型エンジンとなります。
トランスミッションは6速MTで、0-100km/hの加速時間は3.87秒、最高時速は325km/hにまで到達します。

なお、中古車販売価格としては驚異の5.6億円と高額で、「ラ・フェラーリ/ラ・フェラーリ・アペルタ」に匹敵するほどのレア度となりますが、ここまでの付加価値が付いた理由としては、やはりアメリカにて2台しか納車されていないブラックカラーで、おまけに走行距離が非常に少なく、ボディコンディションも良好であることが大きいのではないかと思われます。

【関連記事】
ロンドンにて、世界で4台しか存在しないブラックカラーのフェラーリ「F50」が目撃に(2017/9/20投稿)
超希少。ブラックカラーのフェラーリ「F50」がオークションに出品で、予想落札は4億円超え
オランダにて、かなり希少なフェラーリ「F50」が目撃に。とても20年以上の個体とは思えぬ存在感
ナイジェリアのスクラップ場にて、棄てられたフェラーリ「F50」が目撃に

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう