ZOZOTOWN前澤氏にブガッティ「シロン」納車。このあとはアストンマーティン「ヴァルキリー」やAMG「プロジェクト・ワン」も納車予定

総資産1兆円を超えるZOZOTOWNの前澤CEO氏が、遂に世界限定500台のみ販売する(現在は320台以上を販売済み)ブガッティ「シロン」を遂に納車(厳密には2018年開始早々に納車)。
ブガッティ「シロン」といえば、車両本体価格は約2億円を超える1,500馬力発揮のハイパーカーで、例え宝くじで3億円当選しても絶対に購入することのできない車両でも有名。

スポンサーリンク

ブガッティの使用するタイヤは、1本当たり数百万円の維持費が発生するため、それを容易に管理するだけの資産と、顧客の職業や購入目的、そして社会貢献度を審査し、この厳しい審査を通過しなければ購入が難しい一台となっています。

関連記事:ブガッティ「ヴェイロン」はタイヤ交換に約500万円。「シロン」はそれよりも更に安くなる模様(2017/9/20投稿)

今回前澤氏がオーダーした「シロン」は、フロントがオールホワイトカラーの一台となっていますが、リヤがどのようなカラーになっているかは不明(フロントとリヤでカラーが異なるツートン仕様が多い)。
インテリアカラーはキャメルなのかレッドなのかはわかりにくいところですが、中々に個性的な一台に仕上がっています。
恐らくオプション費用だけでも、5,000万円近くに上るでしょう。
ちなみに、福岡にも納車されたブガッティ「シロン」は車両本体価格とは別に、約8,000万円のオプション費用が発生している模様。

関連記事:遂に日本にブガッティ「シロン」が到着。オーナーは「ヴェイロン」「アゲーラ」も所有、5月末には熊本にて出展へ(2018/1/16投稿)


なお、前澤氏は以下のツイートの通り、今後は世界限定150台のみ生産のアストンマーティン「ヴァルキリー」(約4.5億円)や世界限定275台のみ生産のメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン(Project One)」(約3億円)が納車予定となっています。


【関連記事】
人生終わった。ZOZOTOWN前澤社長の所有するワンオフモデルのパガーニ「ゾンダ」が大破。しかもぶつかった相手はマイバッハ(2016/12/5投稿)
ブガッティ「シロン」が今のタイヤでは時速480km/hでの走行不可。更なる開発が必要に(2017/6/23投稿)
タイヤの維持費だけでも500万円。ブガッティが「ヴェイロン」専用の15年保証メンテナンスを導入(2018/2/9投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう