注)これは車のキーです。18kピンクゴールやダイヤモンドで出来たケーニグセグのキーが公開

世界限定80台のみ販売されたケーニグセグ「レゲーラ」の専用キーが公開されています。
このキーは、スーパーカーやバイクのカスタマイズを行うことでも有名なイタリア職人のEttore ‘Blaster’ Callegaro氏によってデザインされたもので、そのマテリアルは何と18kのピンクゴールドにて仕上げられています。
作業時間にして140時間以上かけて作られたとのことですが、このキーだけで一体いくらになるのか非常に気になるところ。

スポンサーリンク

なお、”18k”とはいわゆる18金や24金と呼ばれる「金の純度(karat)」を表現しており、金の含有量が18/24(75%)含まれていることを意味します(残りは銀や銅を混ぜている)。
そして、このキーはニューヨークに拠点を置くスペシャリストのOptimal Innovative Solution(最適化革新的ソリューション)と呼ばれるものの一つで、同社のカーラグジュアリに分類されます。

上はピンクゴールドのキーを公開していましたが、他にも純金やダイヤモンドといった超豪華なキーも取り揃えているのだとか。多分これだけでスーパーカーを余裕で購入できそうです。
なお、こうした18kピンクゴールドやダイヤモンドにて作られたキーは、来週4月8日より開催のアメリカ・ニューヨークオートショー2018にて展示されます。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう