BMW「8シリーズ」の開発車両をキャッチ。あわせてインテリアも確認

今夏に発表予定となっているBMWの上位モデル「8シリーズ」の開発車両をキャッチ。
過去に公開されたコンセプトモデルに近いスタイリングとデザインを持つことが期待される「8シリーズ」ですが、今回キャッチされている個体も幅広いグリルに細いヘッドライト、ハニカムメッシュインサートを備えた大型ダクトを備えたスポーティなフロントデザインとなっています。

スポンサーリンク

スタイリングとしては、Mスポーツパッケージを備えることにより軽量アルミホイールやブルーカラーのブレーキキャリパー、更にはサイドスカート、リヤバンパー、内部には両サイド2本出しのクワッドエキゾーストパイプが備えられ、2つにカットアウトされたマフラカッタを確認することができます。

今回発表される「8シリーズ」では、クーペとオープンタイプのコンバーチブルが発表されます。
クーペタイプは、斜めのルーフラインや筋肉質なリヤフェンダー、コンパクトリヤスポイラーが特徴的なデザインとなります。
一方のコンバーチブルは、パワーリトラクタブルソフトトップ(電動開閉式ルーフ)を備え、フラットなトランクリッドと再配置されたブレーキライトを含むリヤエンドには若干の変更が加えられています。

そして今回は、インテリアもキャッチされており、ステアリングホイールは3スポーク式となっていて、ハイテクデジタルインストルメントクラスターを設定。
更にはメタリックのアクセントやギヤセレクター、ローリングサラウンドのiDriveコントローラも装備していることが確認できます(それら以外は全てカモフラージュで不明)。

エンジンオプションについては、「7シリーズ」からキャリーオーバーされる可能性が高い、排気量3.0L 6気筒ツインターボエンジン(最高出力335hp)と排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジン(最高出力455hp)の2グレード、そして更にハイパフォーマンスモデルの「M8」では、「M5」に搭載される排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジン(最高出力 約616hp~641hp)やプラグインハイブリッドやV12エンジンモデル等もラインナップされるかもしれないとの噂もあります。

【関連記事】
BMWが「8シリーズ・グランクーペ」のコンセプトモデルをジュネーブMSにて発表。併せてティーザー画像も公開に(2018/3/1投稿)
BMW「8シリーズ」の最終?ティーザー画像が公開。ほぼ丸わかりのアグレッシブデザイン(201/2/28投稿)
「8シリーズ」ベース?ジュネーブMSにて、BMWから新たな”Mコンセプト”が登場する模様(2018/2/8投稿)
BMW「M8コンバーチブル」の開発車両をキャッチ。最高出力は600馬力以上か(2018/1/26投稿)
BMW「8シリーズ」の量産モデルが遂にリーク。今年後半デビューに向けて着々と準備中だ!(2018/1/10投稿)
これはイケてる。BMW「M8・コンバーチブル」のレンダリングが公開に(2017/6/13投稿)
BMW「M8」のティーザー映像を公開に。秘密は多すぎるがパワートレインは「M5」と共通?【動画有】(2017/5/28投稿)
BMW「8シリーズ」と「M8」の予想レンダリングが公開に。想像以上にスポーティなデザインだ(2017/5/22投稿)
BMW「M8」が2019年に製品化か。更にコンバーチブルモデルも登場する予定(2017/3/13投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう