シボレー「カマロ」のフェイスリフト版が遂に公開。表情は更にイカつく、”SS”は10速ATを追加

シボレー「カマロ」の2019年モデル・フェイスリフト版が遂に世界初公開。
今回公開されている新型「カマロ」は、50:50の重量配分に改良され、フロントエンドが大きく変化し、現行ハードコアモデル「1LE」よりも更にイカつい顔つき(マッスル感がハンパない…)へと変化し、フロントヘッドライトも細かい造りに進化しています。

スポンサーリンク

機能性においては、新たなアンビエントライティングや衛星ナビゲーションシステムを備えたシボレー・インフォテイメント3システム、そして上位グレードの”2SS”と”ZL1”にはリヤカメラが標準装備されます。

今年後半に発売予定となっている2019年モデルの「カマロ」は、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載する”1LE”グレードと、V型6気筒エンジンを搭載する”SS”、”ZL1”やエントリーグレードの”1LE”には、6速マニュアルトランスミッション、大型のフロント・リヤスタビライザーバーを備えたFE3サスペンション、チューニングパッケージ、リヤクレードブッシング、クロスアキシャルボールジョイント、ブレンボ製トラックモード/コンペティションモード/ドライバモードセレクター、フラットボトムステアリングホイール、20インチタイヤが標準装備となります。

なお、エントリーグレードの”1LE”には、ホンダ「シビック・タイプR」をベンチマークとした排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力275hp、最大トルク400Nmを発揮。
現時点ではV6エンジンとV8エンジンについては特に言及されていませんが、”SS”グレードついては、グレードバッジやエアカーテンを装備。そして10速Hydra-Maticオートマチックトランスミッションが搭載される可能性が高いと言われています。

なお、今回より新たに設定されるLTアトリエンス・パッケージと呼ばれるものには、ガルバノ・クローム・ロワー・インサート、LEDヘッドライト、リヤエアディフューザー、20インチアルミホイールを設定。

価格設定については特に言及されていないものの、概ね開始価格は約300万円から、上位グレードの”ZL1”は約700万円からと予想されています。なお、”ZL1トラック・パフォーマンス・パッケージ”もラインナップされると考えられ、こちらについては約85万円の追加料金が発生するものと思われます。

関連記事:最高出力は650馬力以上。シボレーの新型「カマロZL1」にハードコアモデルの「1LE」が登場(2017/3/3投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう