スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

【新デザイン】ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ LP800-4」の新たな開発車両をキャッチ

ランボルギーニ「アヴェンタドール」の最終ハードコアモデルとして登場する「アヴェンタドールSVJ LP800-4」が新たにカモフラージュされた開発車両をキャッチ。
今回はカラフルなカモフラージュ柄で登場したことにより、輪郭がはっきりし、フロントバンパーのデザインもほぼほぼ明らかとなっています。

スポンサーリンク

リヤデザインもかなりハッキリとしていますね。
ほぼ全幅に近い長さを持つ大型リヤウィングと「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同じデュアルエキゾーストパイプ、リヤディフューザーを備え、リヤバンパーには若干の変更が加わりそうですね。

リヤタイヤとドアの間にあるエアダクト入口に目を向けると、「アヴェンタドールS」よりもはるかに大きくなっています。
サイドインテークの取入れ口も1つのハウジングに2つの通気口が設けられていますね。
「アヴェンタドールSVJ」のダウンフォースがどの程度依存しているか示すために、リヤの4分の1のウィンドウ後方には多くのインテークとベントが設定されていることが確認できます。

フロントバンパーには、「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同様にALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)システムを採用し、運転シナリオと車速に応じて高いダウンフォースから低い抗力までのエアロードを変化させるセンサとコンピュータシステムを採用しているとのこと。

パワートレインについては、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力800ps発揮することが濃厚と言われています。
なお、販売台数については「アヴェンタドールSV」が600台、「アヴェンタドールSV・ロードスター」が500台に限定されていますが、それよりも少なくなる模様。
価格帯としては、クーペが約5,500万円以上(ロードスターは6,000万円以上?!)になると予想されます。

【関連記事】
ランボルギーニ「(仮)アヴェンタドールSVJ」の開発車両をまたまたキャッチ。やはり800馬力以上発揮する?(2018/4/6投稿)
ランボルギーニ「(仮)アヴェンタドールSVJ」の開発車両をキャッチ。リヤウィングはどこへ?(2018/4/6投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の購入条件が明らかに?ALAシステムも搭載?(2018/3/13投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」のスペックは800馬力以上?ロードスターも2019年末には登場か(2018/3/3投稿)
遂に来たか。ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」後継のイメージ画像が公開(2018/2/6投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」の後継は”SVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)”で決定に?(2018/2/18投稿)
ジュネーブMSにて、ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー・ペルフォルマンテ」が登場。クーペは8つのコースレコードを樹立(2018/3/2投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-, , ,