約1億円まで高騰したポルシェ「911R」が約3,300万円にて取引される。今後高騰することは無さそう?

自然吸気&MT仕様というプレミア価値が付き、伝説のポルシェ「911」として非常に注目を集ていた「911R」の中古車価格が大幅下落しています。
もともとは新車価格で2,629万円であり、販売台数も限定991台とされていましたが、過去これまで中古車して登場した個体が新車価格の約4倍となる1億円にて販売されるも、今回Fort Lauderdaleオークションにて出品された個体が約3,300万円にて落札されました。

スポンサーリンク

今回の個体は、991台中430台目に製造されたモデルで、鮮やかなブルーのストライプに独特のホワイトカラーに身を纏い、スポーツクロノパッケージやその他の多くのオプションを設定した贅沢な一台となっています。

本来であれば(恐らく半年程前であれば)、これだけのオプションが設定されていれば約1億円に到達することは容易だったと思いますが、今となっては新たなモデルとなるターボチャージャーベースで約1,000万円とお手頃な「911カレラT」や約1,500万円程のリーズナブルな「911GT3ツーリング」(「911R」の転売対策モデル)が登場したことと量産モデルとして登場したことが、「911R」の希少性を低くした大きな要因と言われています。

特に「911GT3ツーリング」の登場により、「911R」が今後プレミア価値を持つ可能性は一気になくなりますが、しばらくは新車販売価格よりも高い価値を持つ可能性は有りそうですね。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:さすがマニュアル車。ポルシェ「911R」の中古車価格が8,000万円以上に跳ね上がる(2016/11/17投稿)

20161117_4

伝説のポルシェ「911」として非常に注目を集めている「911R」の中古車価格が急騰中。
もともとは新車価格で2,629万円であり、販売台数も911台とされていましたが、今回中古車して登場した個体が新車価格の約4倍となる8,000万円にて販売されていることがわかりました。

今回登場したポルシェ「911R」は6速マニュアルスポーツトランスミッションという非常に希少なもので、リアに排気量4L 水平対向6気筒エンジンを搭載した「911 GT3 RS」を継承したモデルとなります。

「911R」の新車価格であれば、「911 カレラGT」を購入することも可能なこの個体ですが、やはり”ミッション”というところが非常に大きなポイントだからなのか、これだけの価格が高騰となるのも非常に不思議なところですね。
実際、これだけの価格の個体をオーダーしているユーザーも多数いるとのこと。

20161117_3

20161117_6

20161117_5

20161117_7

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう