ランボルギーニ・特別仕様車「アヴェンタドールS・ロードスター50th Anniversary Japan」の”地(黄緑)”が納車した模様

昨年、東京都内にて開催したランボルギーニの一大イベント「ランボルギーニ・デイ」より、ランボルギーニのフラッグシップフェイスリフトモデル「アヴェンタドールS・ロードスター」の特別仕様車「アヴェンタドールS・ロードスター 50th Anniversary Japan」が発表されましたが、今回その特別仕様車が名古屋にて納車された模様。

スポンサーリンク

このモデルは、日本での販売50周年を記念した、「火」「水」「地」「風」「空」の5台要素をテーマとした日本限定5台(各要素1台ずつ)のみの特別仕様車となります。
発表自体は昨年の10/20(金)だったのですが、既に完売済となっており、当時の時点では「水」をテーマにしたモデルが公開されました。

今回名古屋にて納車された個体は、「地」をテーマにした黄緑色ベースの一台となっています。
特別デザインのボディカラーは、相当に複雑な塗装技術を用いていると思いますが、こうした複雑な黄緑にブラックカラーのカーボンファイバ製フロントガラスフレームやハードトップが露出することで見事にブレンドされ、メリハリの強い一台に仕上げられています。

ちょっと見にくいですが、インテリアのシートバックには”地”の文字が刺繍され、ブラックのアルカンターラシートに黄緑のアクセントカラーが加えられています。
センターコンソールにあるエンジンスタートのフリップも、おそらく黄緑色?なのかもしれません(「水」をテーマにしたモデルもフリップは水色になっている)。

この特別仕様車のスペックは「アヴェンタドールS・ロードスター」と同様で、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力740psを発揮。
0-100km/hの加速時間は僅か3.0秒にて到達します。
具体的な価格帯については不明ですが、最低でも7,500万円に到達するのが妥当なところでしょうか。
国内外では同じカラーを見ることのできない非常にプレミアの高い特別モデルだと思います。


関連記事:日本で5台のみ。ランボルギーニ「アヴェンタドールS・ロードスター」の特別仕様車を発表(217/10/21投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう