BACがカーボンよりも軽い素材となるコンポーネントを市販車として初採用することを発表

20160802_3_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3

イギリスのスポーツカーBAC社が、シングルシーターのライトウェイトスポーツカー「BAC Mono」のリアホイールアーチに、市販の自動車として初めて、スチールよりも約20%も軽量な上、200%も強度の高い炭素系新素材「グラフェン」を用いたコンポーネントを採用することを発表しました。

スポンサーリンク

従来のカーボンファイバーよりも軽量であると謳うこのコンポーネントは、英国のHaydale Composite Solutionsと共同開発。

全体に採用した場合、パフォーマンスや燃費に大きく影響を与える可能性がありますが、まず製造プロセスなどをテストするためにリアホイールアーチに採用したとのことです。

20160802_4_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3

20160802_2_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3

20160802_1_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう