F1ドライバのクリスチャン・アルバース選手にブガッティ「シロン」納車。パンダ風ラッピングでメリハリを強調

オランダ・アイントホーフェン出身のF1ドライバであるクリスチャン・アルバース選手に、ブガッティの最新モデル「シロン」が納車した模様。
クリスチャン・アルバース選手と言えば、2014年7月からケータハムF1チームの代表を務める程の凄腕レーサー。父親にはアンドレ・アルバース氏を持ち、ラリークロスレースで活躍した人物でもあり、オランダ国際ラリークロス選手権にチャンピオンになった経歴を持ちます。

スポンサーリンク

そんなF1ドライバのクリスチャン・アルバース選手に納車された「シロン」はPPF(ペイント・プロテクション・フィルム)施工により、ホワイトを主体にブラックのアクセントを加えたシンプルでありながらもメリハリを付けたパンダ仕様が何ともクール。

ブガッティ「シロン」と言えば、前回のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、改良モデル「シロン・スポーツ」を発表。
パワートレインは、排気量8.0L W16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps、最大トルク1,600Nmと全く変更は無しですが、ハンドリング性能やサスペンションの改善・アップグレード、ワイパーにはカーボンファイバを採用することで軽量化を図る等、高次元の改良が施されています。

ちなみに、今回「シロン」を購入したクリスチャン・アルバース選手は、メルセデスベンツAMG「ML63」やポルシェ「918スパイダー」「911ターボ」、フェラーリ「599GTO」といったスポーツカー/スーパーカーを多数所有するほどのコレクターとしても有名で、噂ではメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン(Project One)」をオーダーしたとの情報も。

【関連記事】
ZOZOTOWN前澤氏にブガッティ「シロン」納車。このあとはアストンマーティン「ヴァルキリー」やAMG「プロジェクト・ワン」も納車予定(2018/4/1投稿)
アメリカ納車第一号で、オークションにて落札されたばかりのブガッティ「シロン」が早くも中古市場にて登場(2018/1/17投稿)
バットモービル風・ブガッティ「シロン」が低めの約4.5億円にて落札へ。日本でもそろそろ「シロン」が納車【動画有】(2017/12/10投稿)
かなり珍しい。カーボンをほぼ使用せず、ブラックにブルーのアクセントを加えたブガッティ「シロン」がアメリカにて納車(2017/11/3投稿)
クリスティアーノ・ロナウド選手にブガッティ「シロン」が遂に納車。シルバーとブラックの相性は抜群【動画有】(2017/9/30投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう