アイルトン・セナのマクラーレン「MP4/8A」がオークションに登場。予想落札価格は7億円以上

伝説のF1レーサーであるアイルトン・セナ氏が1993年のモナコGPにて優勝した際に使用したF1カー・マクラーレン「MP4/8A」がオークションに出品されることがわかりました。
この「MP4/8A」は、前モデルとなる「MP4/7A」のシャシーをベースにしながらもフロント周りの空力デザインを見直し、先端に向かって下垂するハイノーズ式を採用、更にはノーズ下面にはキールを設けてロアアームをマウントしています。

スポンサーリンク

足回りについては、アクティブサスペンションやパワーアシストブレーキ、シフトアップがフルオートマチック化したセミオートマチックトランスミッションと呼ばれるハイテクシステムが採用。
ちなみに、アクティブサスペンションは、マクラーレンとビルシュタインが共同開発によって生み出されたものとなっています。

パワートレインについては、排気量3.5L フォード製V型8気筒エンジンを搭載しています。このエンジンは、1992年いっぱいでホンダエンジンを失った際に苦労して得られた代替エンジンで、ランボルギーニのV12エンジンのテストベッドとしても使用されていましたが、決して実用面では採用されることは無かったと言われています。

来月5月末にモナコにて開催されるオークションにて出品される「MP4/8A」の予想落札価格は、最低でも7億円以上と言われていますが、それよりも更に上回る可能性が相当に高く、もしかすると10億円?に上るかもしれません。
なお、現在F1カー史上最高落札額を記録したのは、2013年のグッドウッドオークションにて出品された、1954年式のメルセデスベンツ「W196」の約33億円。
昨年のニューヨークにて出品されたシューマッハ氏のフェラーリ「F2001」は約9億円だったため、この記録を打ち破ることは可能そうですね。

関連記事:ミハエル・シューマッハのF2001がオークションにて約9億円にて落札。過去最高落札額に(2017/11/19投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう