早くもシボレー「コルベットZR1」が中古市場に登場。価格は約2,200万円

シボレーの最新スポーツモデル「コルベットZR1」が早くも中古市場にて登場。
「コルベットZR1」は、今年もインディ500レースでのペースカーとして採用され、先日ではドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて7分台を切ることを大きく期待された一台であるも、まさかの7分12秒とダッジ「ヴァイパーACR」(7分1.3秒)よりも遅い記録となりました

パワートレインは、排気量6.2L イートン製LT5 V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力765ps、最大トルク969Nmを発揮。0-100km/hの加速時間は僅か2.85秒と驚異的で、最高時速は341km/hにまで到達します。

スポンサーリンク

今回中古市場Cars.comにて登場した個体は、Torch Redのボディカラーに身を纏い、カーボンファイバ製スポイラーやサイドスカート、リヤディフューザー、そして大型リヤウィングを装着したZTKパッケージを装備し、その他ほとんどのオプションが設定された一台となっています。

アルミホイールはハイグロスブラック処理されたスター形状(若干フェラーリ「812スーパーファスト」のホイールデザインにも似ている)に、ボディカラーと同一のレッドブレーキキャリパを装着。
インテリアはブラックとレッドのバイカラーのように見えますね。

リヤデザインも中々にアグレッシブですが、リヤディフューザーを確認できないのが何とも残念。

なお、中古市場価格は約2,200万円にて販売されていますが、市販モデルの中ではかなり早い納車となるもそこまでプレミア価値が付いていないところはちょっと残念かもしれません。

【「コルベットZR1」関連記事】
新型モデルのニュルラップタイムが遂に公開。ポルシェ「911GT3RS」は6分56秒、シボレー「コルベットZR1」は?(2018/4/17投稿)
シボレー「コルベットZR1」がディーラに到着。レッドカラーでフェラーリ風のスポーツカーに(2018/3/25投稿)
その記録僅か1秒差。シボレー「コルベットZR1」が「フォードGT」のラップタイムを更新【動画有】(2018/2/2投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生(2017/11/13投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ(2017/11/29投稿)
ヘネシーが1,200馬力超えのシボレー「コルベットC7 ZR1」をチューニング、0-100km/hは驚異の2.2秒(2017/12/9投稿)
マジか。生産第1号のシボレー「コルベットZR1」と「フォードGT」等の希少モデルがオークションに登場。収益金はチャリティー団体に寄付(2018/1/4投稿)
えっ、マジ?生産第1号のシボレー「コルベットZR1」がオークションにて約1.1億円にて落札(2018/1/21投稿)

Reference:moto1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう