あの「ワイルドスピード(ワイスピ)」がアニメ化しNetflixにて配信。スピンオフ版等も公開が決定【動画有】

2019年に映画「ワイルドスピード(Fast & Furious)」のスピンオフ作品を含めた3つの映画と、Netflix配信によると同映画のアニメ(3DCG)版が公開されることがわかりました。
このアニメ版は、シュレック等の有名CG映画を手掛けたドリームワークス・アニメーション・テレビジョンによって制作されることが確定しています。

Netflixキッズ&ファミリー部門の副社長を務めるMelissa Cobb氏によると、「このアニメシリーズ化に携わることに嬉しく思います。元々放映されてきた「ワイルドスピード」は、あらゆる年齢層に愛され、たくさんの人々に視聴されるような世界観を演出してきたので、アクションやハート、ユーモアといった要素と魅力を引出していきたい」と説明。

スポンサーリンク

アニメ版の概要として、主人公を演じるドミニク(映画版ではヴィン・ディーゼル)と従弟のトニー・トレットが、ドライビング技術を買って出たティーンエイジャーのトニーと仲間たちが政府によって雇われ、世界征服を企む悪名高き犯罪組織に潜入するといった内容となっています。

「ワイルドスピード」は、現在まで全8作品が製作されてきた大ヒット映画。
興行収入にして約5,600億円以上というのは驚異的で、今回のスピンオフを含めた追加映画化により更に人気を高めていきます。

Netflixでのリリース日に関しては、特に言及されていないものの、今後継続して公開されるアニメ版は、「カーズ」のようなユーモラスさに加えて迫力満点の内容となっているかもしれません。
なお、映画のスピンオフ版は2019年7月、9作品目は2020年4月、10作品名は2021年4月に公開予定となっています。

【ファミリーの結束力がよくわかります!映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』ダイジェスト映像】

関連記事:映画「ワイルドスピード8」のトレーラー映像が公開に。マッスルカーが大活躍だ【動画有】(2016/12/12投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう