メルセデスベンツAMG「C01ヴィジョン・コンセプト」は2025年までは登場しない?「Project One」の後継モデル&オールエレクトリック?

昨年、メルセデスベンツAMGより公開された低排気量&高出力のハイブリッドハイパーモデル「プロジェクト・ワン(Project One)」の後継モデルとして登場するかもしれない「C01ヴィジョン・コンセプト」のイメージ画像が公開されました。

「プロジェクト・ワン」は、2019年から続々と納車予定となっているハイパーカーで、排気量1.6L V型6気筒ターボチャージャー+4基の電動機モーターを搭載し、最高出力1,000ps以上を発揮する高効率型のハイパフォーマンスモデル。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.5秒、最高時速350km/hにまで到達すると言われています。

スポンサーリンク

そんなハイパフォーマンスモデル「プロジェクト・ワン」の後継モデル「C01ヴィジョン・コンセプト」について、ダイムラー会長のDieter Zetsche氏によると、純粋なEVモデルになる可能性が高く、少なくとも2025年までは登場しないと説明。
ただ、その一方でデザイン会社のInvisiveが予想するイメージ画像を公開しており、イメージとしては「プロジェクト・ワン」よりも未来的なスタイリングを持ちます。

パワートレインとしては、純粋な電気自動車となるためエンジンは搭載せず、軽量化したサブフレーム、最適なダウンフォースと気流の改善、スタイリングにおいてもF1から着想を得た理想的なハイパースポーツとなります。
なお、モーターはミッドマウントで、フォワードキャブスタイリング、ユニークなアルミホイール等、今にもSF映画に登場しそうなデザインとなりますが、将来的にはこういった特別なスタイリングが当たり前の時代になっていくのだと思われます。

【関連記事】
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が公道デビュー。ちょっと残念なシーンも…【動画有】(2018/3/19投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」はニュルのラップレコードを大幅に更新可能。しかし問題なのは…?(2018/3/13投稿)
メルセデスベンツAMGのハイパーカー「プロジェクト・ワン」の技術情報が明らかに。当初のスペックと異なる模様(2018/2/9)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」は、最強のF1と同じ工場にて製造。納車も2020年まで延長か(2017/10/3投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が遂に初公開。1,000馬力以上、ドアはガルウィング【動画有】(2017/9/12投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう