日本メーカ >トヨタ/レクサス

北京MS2018にて、トヨタ「CH-R」他10車種に電気自動車、「カローラ/レビン」はPHEVで登場

2018/04/27

先日より開催中の北京モーターショー2018(別名:オートチャイナショー2018)にて、トヨタが2020年までに中国専売モデルとして10車種の電気自動車モデルと同社「カローラ/レビン」のプラグインハイブリッド(PHEV)を販売する計画を発表しました。

ちなみに、トヨタのプラグインハイブリッドモデルの採用は、日本以外では初めてとなり、電気モータのみでの航続可能距離は(フル充電にて)50km以上走行を実現します。

スポンサーリンク

フロントデザインについては、僅かな変更しか施していませんが、新たな充電口やパープルのアクセント(これは中国らしい)、PHEV専用フロントフェンダーが装備されています。

また、トヨタは「カローラ/レビン」のPHEVを導入する他、「C-HR/IZOA」の100%電気自動車モデルを2020年に提供する予定となっています。
トヨタは中国企業とパートシップをとり、同社の電化モデルに使用される主要コンポーネントのために生産拠点を建設ことを決定。この取り組みの一環として、同社はニッケル水素電池パックの年間生産能力を2020年に22万台に拡大する予定となっています。

また、トヨタはバッテリ生産の増加に加えて、2020年に中国の研究開発センターに新たなバッテリ試験施設を開設する予定で、同国に電気自動車を建設するための準備として、地方生産構造を着実に強化していく模様。

トヨタは昨年、中国での電気自動車の販売台数は約14万台のみとなっていましたが、今後も電気自動車のラインナップを強化し続けるとし、その数は今後増加すると予想。トヨタの中国地域最高経営責任者である小林氏は「世界で最も先進的な電気自動車国である中国にて環境戦略のあらゆる面を着実に推進していく」と説明しています。

【関連記事】
デトロイトMSにて、中国・GACモーターがEVクロスオーバー「Enverge」を公開(2018/1/11投稿)
中国・LeapMotorが謎のEVクーペ「LP-S01」を発表。意外にも優秀な0-100加速時間は6.9秒(2017/11/20投稿)
色々混じってる?中国のNextEVが1300馬力以上の電動ハイパーカーを発表【動画有】(2017/11/22投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, , , ,