”ミニ・マスタング”になれるか?フォードの次期「フォーカス」はマイルドハイブリッドで400馬力発生か

第4世代の登場が期待されるフォード「フォーカス」ですが、今後更なる期待が高まるのがハイパフォーマンスモデルの「フォーカスRS」。
既に様々な噂が浮上していますが、新たなEcoBoostエンジンにマイルドハイブリッドを搭載し、最高出力400hpを発揮する可能性が浮上しています。

スポンサーリンク

今回、第4世代の「フォーカスRS」のレンダリングが公開されていますが、本レンダリングを担当したのはデジタルアーティストのKleber Silva氏。
フォードの2ドアスポーツモデル「マスタング」のボディスタイルをベースに、アグレッシブなフロントグリル、センターストライプを追加することで、よりスポーティなデザインへと進化しています。

なお、通常モデルの「フォーカス」ともなると、排気量2.3L 直列4気筒EcoBoostターボチャージャーエンジンを搭載し、コンパクトホットハッチモデルであれば最高出力375ps、最大トルク510Nmを発揮、エントリーモデルは最高出力314ps、最大トルク475Nmを発揮すると言われています。

【関連記事】
フォード「フォーカスRS」と「マスタングGT350」がドラッグレース。ほとんど差が無かったという衝撃【動画有】(2018/1/1投稿)
車種なんて関係無い。フォード歴代パフォーマンスモデル達がレーシングバトルを繰り広げる【動画有】(2018/1/31投稿)
フォード「フィエスタST」が遂に登場。最高出力200馬力で、初の気筒休止システムも導入(2017/2/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう