ジャガーに新たなスペシャルモデル「プロジェクト9」が登場するとの噂。但し何がベースなのかは不明

ジャガーは、昨年6月に4ドアセダンモデル「XE」をベースにしたスペシャル限定モデル「XE SVプロジェクト8」を発表し、更にはドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、4ドアセダン最速記録を打立てましたが、先日のトップギアからのインタビューにて、次期モデルとなる「プロジェクト9」もいずれは登場するかもしれないとコメントしました。

【「XE SVプロジェクト8」関連記事】
ジャガー史上最強モデル「XE・SVプロジェクト8」が公開。世界限定300台、価格は約2200万円【動画有】(2018/6/28投稿)
ジャガー「XE SVプロジェクト8」がニュルにて4ドアセダン最速記録を更新。フェラーリ「488GTB」よりも速かった件【動画有】(2017/11/29投稿)

スポンサーリンク

ただ、「プロジェクト9」と呼ばれる特別モデルが、どのラインナップモデルに適用されるかは不明で、4ドアセダンなのか2ドアクーペなのか、それともSUVなのかも全く未定。
最近では、I-PACEやF-PACEといったSUVモデルに適用される?との噂も浮上していますが、どういったコンセプトで開発を進めていくのか非常に気になるところ。

近年のプレミアムSUV市場への参入を目的に、ランボルギーニ「ウルス」やベントレー「ベンテイガ」、マセラティ「レヴァンテ・トロフェオ」、アルファロメオ「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」といった強豪をターゲットに参入を試みている可能性もありそうですが、昨日の記事でもピックアップした通り、マセラティ「レヴァンテ」の立上げのタイミングを誤ってしまうと、どんなに人気の高いSUV市場であっても圧倒的に売れないモデルとして汚名を残してしまう恐れもあるため、この辺りはジャガーとしてもマセラティと同じ道を歩まないように慎重にコンセプトモデルの開発と、迅速な立上げを行っていきたいところです。

関連記事:FCAのセルジオ・マルキオンネCEO「マセラティ・レヴァンテの立上げに失敗した」2017年は僅か5,000台程しか売れず(2018/4/29投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう