高水準で売り続けることが目標。BMW「i8ロードスター」の特別仕様を継続的に販売へ

BMWのiブランド・フラッグシップモデルとなる「i8」のオープンモデル「i8ロードスター」が約2か月前から生産を開始していますが、既に1,000件以上の予約注文があるなかで、プラグインハイブリッド(PHV)モデルの販売需要を更に高めていくために、今後は特別なロードスターモデルを販売していく可能性が高いとのこと。

関連記事:BMW「i8スパイダー」が遂にアンヴェール。併せて「i8クーペ」もアップグレードへ(2017/11/30投稿)

スポンサーリンク

これは、オーストラリアのCarAdviceとBMWのi8プロダクトマネージャーであるMarcus Pluntke氏との対話の中で明らかになったことで、今後BMWモデルの初回販売記録の減少を少しでも抑えるためには、ちょっとした小変更であっても継続して新たな個体を販売していく取り組みが必要であると説明。

確かに、BMW「i8」は改良モデルが販売されるまでに、2017年モデルとして特別仕様車の「i8 Frozen Edition」、更にその前には「i8 Protonic Dark Silver Edition」、そして同年には日本での100周年記念式典の一環となる「i8 Celebration Edition」が発売されました。

関連記事:BMW「i8」の12台限定モデル”Protonic Frozen Black Edition”が登場。但し、南アフリカ限定(2017/9/5投稿)

上記の特別仕様車は、その年に応じて特別なカスタムペイントやインテリアデザインを施したモデルとなるため、今回明らかとなった「i8ロードスター」も同じレベルのカスタマイズが行われることは、まず無いとのこと。
そして、「i8クーペ/i8ロードスター」の2ラインナップを製造するための工場のスペースと組立てラインを微調整するだけの柔軟性が無いことから、ボディカラーやトリムオプションといった僅かな変更だけで対応する可能性が高そうです。

ちなみに、「i8」を製造するライプツィヒ工場には、「225xe」のハイブリッドモデルを含む「2シリーズ・アクティブツアラー」や「M2/M2コンペティション」、「2シリーズ・クーペ/コンバーチブル」、そしてリニューアル予定の「1シリーズ」が製造される主力的な工場となっています。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう