日本メーカ >トヨタ/レクサス

レクサス・ハイブリッドモデルの販売台数は日本が圧倒的、次いでアメリカだがその差は4倍

2018/05/03

レクサスが最近実施した調査の中で、アメリカのユーザーが考える「レクサスのハイブリッドモデル」は、「ハイパフォーマンス」「低コスト」「スタイリング良し」という調査結果が得られています。

この事実は、親会社であるトヨタの20年前からの技術が大きく影響しているとのことで、トヨタが初めて世にハイブリッドモデルを普及させた「プリウス」の市場投入により、ガソリンエンジンには無いエコロジー且つハイパワーな走りが徐々に浸透していきました。
そして、この技術はやがてレクサスにも浸透してきており、今回の調査をもとに「Fast as h」と呼ばれるマーケティングキャンペーンを開始して、ハイブリッドモデルを所有することでどれだけのメリットが生じるかを展開していきます。

スポンサーリンク

このキャンペーンは、ネットワークやケーブルテレビ番組、深夜番組といったメディアを通じて、デジタル及びソーシャルキャンペーン、広告、更にはタイムズスクエアのデジタル広告掲示板での展開サポートを実施していきます。

レクサスのマーケティング・バイスプレジデントであるクーパー・エリクセン氏は「私たちは、高性能ハイブリッドを設計するためにレクサスの伝統的な職人技を駆使し、ガソリンエンジンモデルに匹敵する価格帯にて提供していく。そして、環境に配慮するだけでなく、レクサスハイブリッドの性能やラグジュアリー、ハイブリッドの付加価値も提供していく」と説明しています。

2017年のアメリカ市場での全ての車販売台数は1,723万台で、そのうちのほんの一部がハイブリッドモデル。
アメリカは、日本に次ぐ第二のハイブリッド市場で、2016年には100万台を販売。最も売れているのは日本ですが、アメリカとの差は4倍の400万台以上を販売しています。
ただ、これからの問題として大きく注目しなければならないのが、アメリカの環境保護のために作られた「ZEV規制」。

これは、「ゼロ・エミッション・ビークル」と呼ばれる排ガスを出さない車を指した非常に厳しい規制で、販売台数の割合に応じて一定数のZEVを販売しなければならない”ノルマ”があります。ただ、このZEVには2018年から完全に”ハイブリッド”が対象外となり、EVモデルとPHVモデルのみが対象になるため、ハイブリッドモデルを数多く販売してきた国産メーカとしてはかなりの痛手になります。
ようやくハイブリッド技術がアメリカにも浸透してきたトヨタ・レクサスを含む日本メーカにとっては非常に苦しい問題で、こういった窮地に対して、レクサスが今後対策を進めていくであろうEVやFCVといったゼロ・エミッションモデルをいかに早いタイミングで投入してくるかがポイントになってくると思われます。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-,