日本メーカ >マツダ

マツダ「CX-3」の北米仕様が今月発売。電子パーキングブレーキ標準搭載で価格は前モデルよりも約3万円アップの約230万円から

3月にアメリカ・ニューヨークオートショー2018にて公開されたマツダ「CX-3」の北米仕様モデルが、5月末に販売される予定となっています。価格は約230万円から。
今回販売される予定の「CX-3」は、前モデルよりも約30,000円程アップするとのことで、その主な改良としては、フロントシートの再設計、新しく標準化された電子パーキングブレーキ、統合されたカップホルダーを備えるリヤシートとなりますが、その他にもセンターコンソールやセンターアームレストの再設計等、数多くの改良が施されています。

関連記事:マツダ「CX-3」の北米仕様が新しくなって登場。電子パーキングブレーキ搭載、フロントデザインも若干変更(2018/3/30投稿)

スポンサーリンク

外観においては、グリルが新しくなり、テールライトやスタイリング、アルミホイールが変更されました。それに加えて、質の高い素材を追加することで優れた遮音性も加味することができているとのこと。

以下は、各種グレードにて装備される主なラインナップとなります。

【CX-3スポーツ】
エントリーレベルとなる「CX-3スポーツ」には、ファブリックシートとプッシュボタン式のイグニッション、7インチマツダコネクトインフォテイメントシステムやリヤビューカメラ、Bluetoothコネクト、16インチ合金ホイール、USBポート(2口)、パワーウィンドウ、ロック、ミラーを標準装備します。

その他の標準機能としては、スマートシティブレーキサポートやリヤクロストラフィックアラートを使用したブラインドスポットモニタ、タイヤ空気圧モニタリングシステムを含むドライバーアシストシステムを備えます。

追加オプション(約12万円)では、i-ACTIVSENSEパッケージ(歩行者検知システム、スマートブレーキサポート、Stop&Go機能付きマツダレーダークルーズコントロールを搭載したアドバンスドスマートシティブレーキサポート、オートハイビームヘッドライト、車線逸脱警報システム、雨滴検知ワイパー、LED証明ユニット)がセットされます。

【CX-3ツーリング】
「CX-3ツーリング」は、約250万円からスタートし、LEDヘッドライト、ヒートサイドミラー、18インチアルミホイール、レインセンシングワイパー、ピアノブラックピラーアクセントを標準装備します。

インテリアについては、いくつかのアップグレードが施されるとのことで、その内容としては本革製ステアリングホイールや自動温度調節システム、ブラックレザーレットシート、レザーシフター、フロントシートヒータ、マニュアルシートリフターが設定されます。

なお、約11万円にてi-ACTIVSENSEパッケージが設定可能で、その他にも約16万円にてツーリング優先装備パッケージも設定可能。
このツーリング優先装備パッケージには、ガラス製ムーンルーフや7スピーカーBOSE製オーディオシステム、リヤカーゴカバー、HDラジオ&4チャンネルSiriusXM衛生ラジオオーディオシステムが追加されます。

【CX-3グランドツーリング】
最上位グレードとなる「CX-3グランドツーリング」は約290万円からとなりますが、レザーシートやカラーヘッドアップディスプレイ、パワームーンルーフ、LED証明ユニット、クローム・エクステリア・トリム、GPSナビゲーション、パドルシフトが標準装備となります。

なお、約8万円の追加オプションでは、メモリシステムを備えた6wayパワードライバーシートと自動調光バックミラー、ヒートステアリングホイール、交通標識認識システムを備えたグランドツーリングプレミアムパッケージを準備。

なお、各種グレードに搭載されるパワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒エンジンに、最高出力148hp、最大トルク197Nmを発揮します。
駆動方式については、標準で前輪駆動(FF)を搭載しますが、約16万円のオプションにて四輪駆動(AWD)に設定することが可能となっています。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >マツダ
-,