スズキ・新型「スウィフト・スポーツ」は高価?カーボン風エアロを装着しての価値はある?

スズキのコンパクトスポーツモデル「スウィフト・スポーツ」が、イギリスのユーチューバーによるインプレッションにて、その個体の価値についてレビュー。
ベース価格よりも約30%も値上がりしている「スウィフト・スポーツ」ですが、その一方で標準にて搭載されている技術も多くあります。

スポンサーリンク

例えば、アラウンドビューカメラやナビゲーションシステム、メタリック塗装は全て無償オプションとなっています。
恐らく、主な価格上昇の根源にあるのは、新しく開発された排気量1.4L 直噴ターボエンジンで、コンパクトな「スウィフト」に全く異なるエンジンを搭載することが大きく影響しているとマット・ワトソン氏は説明。

もう一つは、プラスチックボディキットに付与されたカーボンファイバ風のエアロキット。
フロントアンダースポイラーやサイドスカート、リヤディフューザーを装着していますが、これはホンダ「シビック・タイプR」にも同じカーボンファイバ風エアロキットを装着していますが、これが意外にもフェイクに思えないところが素晴らしいところ。

その他には、標準的にアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストといった安全キットも搭載されています。
インテリアは、前モデルよりも質感が向上し、レッドのアクセサリやシートがデザインされていますがスクラッチプラスチックは高額車両に匹敵するクオリティではない模様。
トータル的に見ると、決して安い買い物ではないもののコンパクトホットハッチとしてはスペックは非常に高く、それでいて外観も充実していることを考えると、十分に買いな一台ではあると思います。

【New Suzuki Swift Sport 2019 review – see why it’s the most fun you can have on a budget】

【「スウィフト」関連記事4選】
スズキ・新型「スウィフト・スポーツ」のテレビCMに頭文字D風の要素を取り入れていた件【動画有】(2017/7/28投稿)
これは期待できる?スズキの新型「スウィフト・スポーツ」に1.4Lターボがラインナップ(2016/12/28投稿)
2017年モデルのスズキの新型「スウィフトRS」が公開に。ハイブリッド仕様でかなりスタイリッシュ【動画有】(2017/1/4投稿)
意外にもキュートだ。スズキの新型「スウィフト・カブリオレ」が出たら?というレンダリング画像が公開に(2016/12/29投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう