アブダビやっぱり強烈。サントリーニブルーにカスタムしたBMW「M760Li」が公開

相変わらず安定した奇抜カスタムを施すBMWアブダビが、今度はフラッグシップスポーツセダンモデル「M760Li」のカスタムモデルを公開。
今回公開されている「M760Li」は、ロングホイールベースモデルのいわゆるラグジュアリーバージョン。
あまり派手目のカラーを想像しない印象がありますが、BMWアブダビが公開しているのは何とも奇抜なルックアットミー・サントリーニ・ブルーと呼ばれる特別なカラーで、同ディーラお得意のフィオナ・レッドのインテリアにてコーデしています。

スポンサーリンク

ここ最近、BMWはハイパフォーマンスモデルの「Mシリーズ」カスタムが多かったこともあり、フロントのキドニーグリルをブラックペイント処理していましたが、今回の「M760Li」はスポーティ気質を抑えたノーマル仕様。
ブラックカラーとのメリハリを強めたデザインにするのではなく、あくまでもターコイズ系ブルーの強調性を前面に出すために、ブラックパーツを省略しています。

サイドから見るスタイリングは、5ドアセダンというよりもクーペに近い印象。
ロングホイールベースということもあり、スポーティさが向上しているようにも見えます。
足回りには、21インチのシルバーとブラックのツートンカラーアルミホイールに、ボディカラーと統一したブルーのブレーキキャリパカバーを装着。

リヤデザインは重厚感のあるワイド&ローなスタイリングを表現。
毎度のことながら、マフラー一体型のリヤバンパーはスタイリッシュで非常にシンプルですし、フラッグシップならではの迫力とバランスをとったデザインですね。

インテリアは安定のダークローズ系のフルレザーシートを設定。
これまで公開されてきた「7シリーズ」のほとんどがダークローズ系だったので、定番カラーとなっています。
リヤにも安定のエグゼクティブラウンジパッケージをセットし、リクライニング&フットレスト、折り畳みテーブルといったラグジュアリー仕様に仕上げています。

パワートレインは、ロールスロイスと共用の排気量6.6L V型12気筒エンジンを搭載。来年には、より厳しいWLTPサイクル規制に準じた「7シリーズ」のフェイスリフトモデルが登場するため、ある意味最後のV12エンジンとしてカスタムされた貴重なモデルなのかもしれません。

【BMWアブダビ関連記事】
BMWアブダビが珍しいブラックを採用した「M5」を公開。見方によってはブルーにも?(2018/4/29投稿)
「M5」よりイケてる?!BMWアブダビがハンサム過ぎるカスタム仕様の「M550i」を公開(2018/4/4投稿)
今年のトレンドカラー?BMWアブダビが爽やかブルーの「M5」をカスタム(2018/3/25投稿)
シンプルで過激。BMWアブダビが「X6」がボディ&エキゾーストをカスタム(2018/3/18投稿)
安定のド派手カラー。BMWアブダビがマイアミブルーの「M4クーペ」を公開(2018/3/11投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう