スーパーカーメーカ リコール関連 >ランボルギーニ

価格約3億円のランボルギーニ「チェンテナリオ」がリコール。貼付されているラベルの車両総重量が誤っている模様

世界限定40台(クーペ20台、ロードスター20台)のランボルギーニ「チェンテナリオ」がまさかのリコール。
リコール内容は燃料系?かと思いきや、車体に貼付されている車両総重量の表記(恐らく重量数値)が誤っているとして、修正した新たなラベルに貼り替えるというリコール作業となっています。
そのため、機能性においては全く問題ないリコールとなっています(反対にこういった細かなミスをするところはイタリア車らしい)。

スポンサーリンク

ランボルギーニは、過去に「アヴェンタドール」と世界限定モデル「ヴェネーノ」のリコールも発令済みで、それら全てが燃料系であったと記憶。
「チェンテナリオ」は、「アヴェンタドール」をベースとしたミドシップモデルとなるため、燃料系統の構成も同じと考えると、リコールを発令してもおかしくはないと勝手に考えていましたが、その心配は全くご無用といったところでしょうか(実際今のところ「チェンテナリオ」が燃えたという例は聞いたことが無い)。

ちなみに「チェンテナリオ」のパワートレインは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770ps、最大トルク690Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は2.8秒、最高時速は349km/hにまで到達します。
価格帯も約3億円と非常に高額ですが、日本には既に1台クーペが納車済み。2台のロードスターも国内納車予定となっています。

なお、今回のリコールは既にアメリカにて納車している11台が対処済みとなっていて、その作業時間にして僅か数分程度。
但し、この対処は出張リコール(オーナーの自宅)なのか、サービス工場でのリコール作業なのかは不明となっています。

【関連記事】
ランボルギーニ「アヴェンタドール」がリコール。燃料が漏れる恐れ有り(2017/8/4投稿)
日本に到着したランボルギーニ「チェンテナリオ」の納車式。これが「チェンテナリオ」のエキゾーストサウンドだ【動画有】(2017/9/1投稿)
日本でたった一台のランボルギーニ「チェンテナリオ・クーペ」が遂に公道を走る。その姿を動画にて【動画有】(2017/10/13投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, リコール関連, >ランボルギーニ
-, , ,