BMW「M2コンペティション」にMパフォーマンスパーツが登場。強力な足回り、カーボン多用の過激な一台に

先日まで開催された北京モーターショー2018(別名:オートチャイナショー2018)にて、密かに公開されたBMW「M2」のハイパフォーマンスモデル「M2コンペティション」に、Mパフォーマンスパーツの設定が可能になりました。

今回公開されている「M2コンペティション」は、「M2」をベースにした排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力410hp、最大トルク550Nmにまでチューンアップされた高性能モデル。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.2秒、最高時速250km/hまで到達します。
トランスミッションとしては、6速マニュアルトランスミッション又はMデュアルクラッチトランスミッションのいずれかから選択が可能となります。

スポンサーリンク

そんな「M2コンペティション」に、Mパフォーマンスパーツとして特別なサスペンション・レトロフィット・キット(標準サスからそのまま置換え可)が設定され、リバウンド・ステージを個別に調整しながら、コイルバネ・サスペンションを最大20mmまでローダウンすることが可能となっています。

足回りは従来よりも更に強化され、Mコンパウンドブレーキディスク、フロントアクスルの6ピストン固定キャリパー、リヤアクスルの4ピストン固定キャリパーカバーを装着することにより制動力を増大。

リヤにおいても、レーシングサウンドを再現させたかのような過激なステンレス製Mパフォーマンスエキゾーストシステムを設定。
走行モードによって、様々なエキゾーストサウンドを奏でることが可能となっています。

外観においては、必要最小限の重量増とするために、カーボンファイバ製エンジンフードやテールゲート、リヤウィング、リヤスポイラー等が装着されています。
それ以外については、モータースポーツのノウハウを活かして採用された「Mパフォーマンスドライブアナライザー」が搭載され、車両のダイナミクスデータの記録や評価をスマホを用いて確認することが可能となっています。
具体的な記録としては、エンジンデータや速度、ギヤ、アクセルやブレーキの使用回数、横G等のとにかく細かいデータを集約。
更には、走行シーンを動画撮影したい人向けに、けん引フック部に装着可能となるカメラホルダーも追加することが可能となっています。

関連記事:BMW「M2コンペティション」が遂に正式発表。「M2」の置換え、「M3/M4」エンジン搭載でパワーアップ(2018/4/19投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう