メルセデスベンツAMG「GT4ドアクーペ」がニュルブルクリンクにて7分30秒を記録。2番目に速いセダンに、それじゃ最速セダンは何?

メルセデスベンツAMGの4ドアクーペモデル「GT4ドアクーペ」がドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのラップタイムに挑戦し、4ドアセダンモデルとしては2番目に速い7分30秒を記録(非公式ではありますが、おそらくこのタイムでほぼ確定)。

関連記事:ジャガー「XE SVプロジェクト8」がニュルにて4ドアセダン最速記録を更新。フェラーリ「488GTB」よりも速かった件【動画有】(2017/11/29投稿)

スポンサーリンク

今回「GT4ドアクーペ」が記録したタイムは、ニュルブルクリンクでの市販車両ランキングではトップ10にランクインはしていないものの、それでも一度は4ドアセダン最速を記録したアルファロメオ「ジュリア・クアドリフォリオ」よりも2秒上回る速さでフィニッシュ。

※ちなみに、現時点でのドイツ・ニュルブルクリンク(ガソリン、EV含めて)最速記録トップ10は以下の通り。

10位 日産「GT-R NISMO」・・・7分8.68秒
9位  ダッジ「ヴァイパーACR・エクストリーム」・・・7分1.3秒
8位  ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」・・・6分59.73秒
7位  ポルシェ「918スパイダー」・・・6分57秒
6位  ポルシェ「911GT3ES」・・・6分56.4秒
5位  ラディカル「SR8」・・・6分56.06秒
4位  ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」・・・6分52.01秒
3位  ラディカル「SR8 LM」・・・6分48秒
2位  ポルシェ「911GT2RS」・・・6分47.30秒
1位  NextEV「Nio EP9」・・・6分45.90秒

ただ、圧倒的な速さを記録したジャガー「XE SVプロジェクト8」の7分21秒に及ぶことは無かったものの、それでも十分すぎる記録となっています。
「GT4ドアクーペ」の気になるパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力592hpを発揮します。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう