ちょっと意外?Autocarがスーパーカーやセダン、クロスオーバー等のベストカートップ10を公開

自動車ニュースサイトAutocarが、最もハードコアなスーパースポーツモデル、最も過激なセダン、SUV等様々なカテゴリでのトップ10を公開。
どのカテゴリにおいても、全て2018年版という形にて公開されていますが、恐らく参考としているデータは上半期のアンケートを集計したもの。
各カテゴリにおいてどのようなランキング結果となったのでしょうか?

スポンサーリンク

【最もハードコアなスポーツモデル・トップ10】
10位  ラディカル「RXC GT」
9位  メルセデスベンツ「AMG GT R」
8位  日産「GT-R Nismo」
7位  BMW「M4 GTS」
6位  ロータス「エキシージ・カップ430」
5位  ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」
4位  マクラーレン「675LT」
3位  ポルシェ「911GT2RS」
2位  フェラーリ「458スペチアーレ」
1位  ポルシェ「911GT3」

あくまでも販売されている個体が対象となるため、フェラーリ「488ピスタ」やマクラーレン「マクラーレン・セナ」等は対象外。
個人的には、マクラーレン「720S」がランクインせず、「675LT」がランクインしているところがちょっと不思議なところではありますね。

【最も過激なスーパーサルーン・トップ10】
10位  アルピナ「D5 S」
9位  アルピナ「B7」
8位  ジャガー「XJR 575」
7位  BMW「M3コンペティション・パッケージ」
6位  ボクソール「VXR8 GTS-R」
5位  メルセデスベンツ「E63 S 4Matic+」
4位  アルピナ「B5 BiTurbo 4WD」
3位  アルファロメオ「ジュリア・クアドリフォリオ」
2位  メルセデスベンツ「AMG C63 S」
1位  BMW「M5」

ランキングのほとんどがBMW・アルピナという異様な組合わせとなっていますが、その中でもやはり上位に入り込んできたのはアルファロメオ「ジュリア・クアドリフォリオ」。
ニュルブルクリンクにて、4ドアセダン最速記録を打立てた経緯もあってか、やはりそのインパクトは相当なものであったと思われます。

【最も過激なスーパーGT・トップ10】
10位  フェラーリ「GTC4ルッソT」
9位  アストンマーティン「ラピードS」
8位  メルセデスベンツ「AMG S63クーペ」
7位  レクサス「LFA」
6位  アストンマーティン「ヴァンキッシュS」
5位  マクラーレン「570GT」
4位  フェラーリ「812スーパーファスト」
3位  ロールスロイス「レイス」
2位  ベントレー「コンチネンタルGT」
1位  アストンマーティン「DB11 V12」

いわゆるグランド・ツアラー/グランツーリスモと呼ばれる自動車カテゴリのランキング。
正直、1位は圧倒的にフェラーリ「812スーパーファスト」かと思っていましたが、まさかの4位。
上位3モデルはどちらかというと、スーパーモデルというよりもラグジュアリーモデルのような気がしますが…。

【最も過激なスポーツSUV・トップ10】
10位  ボルボ「XC90 T8ツインエンジン」
9位  アウディ「SQ5」
8位  メルセデスベンツ「AMG GLC63 S 4Matic+」
7位  BMW「X5 M」
6位  マセラティ「レヴァンテS グランスポーツ」
5位  ポルシェ「カイエン・ターボS」
4位  アウディ「SQ7」
3位  ポルシェ「マカン・ターボ」
2位  アルファロメオ「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」
1位  ランドローバー「レンジローバー・スポーツSVR」

お次はスポーツSUVモデルのランキングですが、これについてはランボルギーニ「ウルス」が入っていないところが驚き。おそらくこの時点ではまだどのオーナーにも納車されていないこともあって対象外なのだとは思いますが、それでもこの中でもボルボが入り込んできたのは素晴らしいですね。

【最も良いコンパクトSUV・トップ10】
10位  トヨタ「RAV4」
9位  フォード「クーガ」
8位  シトロエン・DS「DS7クロスバック」
7位  プジョー「3008」
6位  ホンダ「CR-V」
5位  ジャガー「E-PACE」
4位  ランドーローバー「レンジローバー・イヴォーク」
3位  フォルクスワーゲン「ティグアン」
2位  マツダ「CX-5」
1位  ボルボ「XC40」

実用性に特化するコンパクトSUVということで、その中で日本車3台がランクイン。
しかしながら、やはり欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボの人気は圧倒的ともいえます。

【最も良いクロスオーバー・ハッチバック・トップ10】
10位  スズキ「SX4 Sクロス」
9位  起亜「Sportage」
8位  現代自動車「Tucson」
7位  シュコダ「Karoq」
6位  トヨタ「CH-R」
5位  ルノー「カジャー」
4位  BMW「X1」
3位  日産「キャッシュカイ」
2位  フォルクスワーゲン「T-Roc」
1位  セアト「アテカ」

こちらもコンパクトSUVと同様に実用性に富んだクロスオーバーモデルとなります。

【イギリスでのベストセラーカー・トップ10】
10位  メルセデスベンツ「Cクラス」・・・13,459台
9位  ボクソール「Mokka X」・・・13,579台
8位  Mini・・・14,297台
7位  メルセデスベンツ「Aクラス」・・・14,849台
6位  フォード「クーガ」・・・15,865台
5位  ボクソール「コルサ」・・・17,995台
4位  フォード「フォーカス」・・・19,344台
3位  日産「キャッシュカイ」・・・21,171台
2位  フォルクスワーゲン「ゴルフ」・・・26,685台
1位  フォード「フィエスタ」・・・40,619台

このランキングはかなり意外でした。
フォルクスワーゲン「ゴルフ」が独占状態かと思いきや、まさかのコンパクトモデル・フォード「フィエスタ」がダントツで1位という結果に。確かにイギリスでは「フィエスタ」の人気は高く、トラブル関連も少ないと聞いたこともあるため、乗り心地や取扱い性、インテリアの品質面等でも「フィエスタ」は圧倒的に高い地位にあるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう