ブラックとレッドのアクセントが決め手。アルファロメオ「ミト/ジュリエッタ」に各モデル限定200台の”ヴェローチェS”が登場

アルファロメオのコンパクトハッチバックモデル「ミト(MiTo)/ジュリエッタ」に、各モデル200台ずつの特別限定モデル「ミト・ヴェローチェS/ジュリエッタ・ヴェローチェS」が販売されました。
このモデルは、欧州の特定の市場にて販売される限定版で、限定モデル専用バッジやブレーキキャリパ、サイドデカール、そしてディテールポイントにレッドカラーのアクセント、それ以外のところにはブラックペイント処理することでメリハリのあるツートンを表現しています。

スポンサーリンク

レッドカラーのアクセントはフロントやリヤバンパーにも見られ、外観としてはヴェローチェのアグレッシブな顔つきをそのまま流用。
そして「ミト・ヴェローチェS/ジュリエッタ・ヴェローチェS」共に、ラジエーターグリルやミラー、フロントバンパーモールディングにはカーボンルックを備えています。

上記以外には、18インチのマットブラックアルミホイール、プライバシーガラス、リヤパーキングセンサー、オートエアコン制御機能も搭載。

インテリアについては、アルファ・コネクト7インチインフォテイメント、パーキングカメラ、HDMI入力端子とUSBポート、Apple CarPlayやAndroid Autoスマートフォンミラーリングを搭載したアルパイン開発システムが標準装備されます。
また、これらの機能に加えて「ジュリエッタ・ヴェローチェS」には、Mopar Connect機能が追加装備。

「ジュリエッタ・ヴェローチェS」には、Magneti Marelli 1919とのコラボレーションによるグランツーリスモ・スポーツエキゾーストシステムを搭載。

スペックについては、「ミト・ヴェローチェS」は排気量1.4L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力170hpを発揮。トランスミッションは6速デュアルクラッチトランスミッションを搭載。価格帯としては約350万円からの販売となります。
一方の「ジュリエッタ・ヴェローチェS」は、排気量1.75L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力240hpを発揮。アルファTCTギヤボックスを搭載するこの個体は、約500万円からの販売となります。

【関連記事】
Pogea Racingがフェラーリに続いてアルファロメオ「4C」もカスタム。477馬力の過激スーパースポーツに(2018/4/25投稿)
アルファロメオが、ニュル最速記念モデル「ジュリア/ステルヴィオ・ニュルブルクリンク・エディション」を公開(2018/3/2投稿)
それぞれ限定108台のみ。アルファロメオが特別限定モデル「4C」”コンペティツィオーネ”と”イタリアスペシャル・エディション”を発表(2018/3/1投稿)
アルファロメオの特別モデル「ジュリエッタ・スポーツ」が登場。意外と控えめの120馬力を発生(2018/2/8投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう