マジか!パガーニ「ウアイラ・ロードスター」のリース契約が可能に。但し、月々の支払いはリース車両最高額の280万円から

最近では、フェラーリやランボルギーニといった超高額車両を支払う際、残価設定ローン(リース契約)にて月々の支払いを抑える方法がありますが、パガーニの最新モデル「ウアイラ・ロードスター」のリース契約も可能に。
但し、パガーニの設定する残価設定ローンは、他社モデルとは異なり60回(5年間)払い契約で月々約280万円と約7,840万円の頭金を支払わなければなりません(ブガッティは予約金で5,000万円)。

【残価設定ローン関連記事】
フェラーリの残価設定ローンが75%に引上げ。レクサスやBMWと同じ金額で買えてしまうことに(2017/1/24投稿)
今年はずっと低金利?ランボルギーニが7月からも1.79%の低金利キャンペーン継続中(2017/7/4投稿)

スポンサーリンク

このリース契約を提供しているパトナム・リーシングは、これまでで最も高価なリース車両であると主張しています。
パトナム・リーシングは、財務的に精通した個客に対してオファーを提供していて、法人向けにはその価格の一部に税務上の事業費が含まれることとなります(購入時の全額を決済するのではなく、消費税を含む毎月のリース契約料の支払いをしていただきます)。
更に、購入者はいつでもペナルティなしに契約を別の車両に移す(パガーニから別のモデルへ乗換え)ことも可能。
しかも、リース契約中にモデルの価格が上昇する可能性があれば、売却ないしは別の車両に乗り換える際に元々契約していた購入価格と予測残価の差額を計算し、オーナーの下にプラスで返ってくるというメリットもあります。

「ウアイラ・ロードスター」は、世界限定100台のみ販売された特別なモデルで、本来であれば、ロードスターやコンバーチブルモデルといったオープンタイプは、クーペに比べて”重くなる”傾向にあるも、同車にはそれが当てはまらず反対に”軽く”なるという不思議(100台全て完売)。
っというのも、「ウアイラ・ロードスター」には高剛性のカーボン・チタン性モノコックが採用されていて、更には25%も軽量化された「Hiforge」アルミ・サスペンションを採用したことにより、車体重量がクーペの1,350kg→1,280kgへと70kgも軽量化されました。

パワートレインは、「ウアイラ」と同様にAMG製の排気量6.0L V型12気筒ツインターボチャージャーエンジンを採用し、最高出力764ps、最大トルク1,000Nmを発揮。
オープンモデルからは、ツインターボチャージャーのスロットルレスポンスが改善され、更にはドライサンプ潤滑システムも採用しています。

ちなみに、「ウアイラ・ロードスター」は100台全て完売しているために現在はリース契約はできませんが、中古車市場に登場した際は、パトナム・リーシングを経由して契約することが可能となっています。

【関連記事】
クーペよりも軽いパガーニ「ウアイラ・ロードスター」。ルーフはダイネーゼと共同開発していた模様(2018/3/4投稿)
もう納車?カナダにて、パガーニ「ウアイラ・ロードスター」が目撃に(2017/9/3投稿)
パガーニ「ウアイラ・ロードスター」が遂にアンヴェール。ドアはまさかの横開きだった件【動画有】(2017/3/7投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう