欧州メーカ >ロールスロイス

南アフリカでのロールスロイス「カリナン」の割当台数は僅か4台。しかも価格は約7,600万円

先日、南アフリカにある正規輸入者ディーラ・デイトナにイタリアのハイパーカーメーカであるパガーニのモデルを正規輸入できる業者として正式任命されましたが、イギリスの超高級自動車メーカ・ロールスロイスももちろん取扱っており、今回新たに発表されたSUVモデル「カリナン」も注文を受付けています。

スポンサーリンク

ロールスロイス「カリナン」は、南アフリカ向けには年間4台のみ割当てており、5月以内に発注すれば今年後半に納車することが確認されています(ただし、年内に4台の注文が無ければ、2019年に繰越される)。

なお、ロールスロイスは「カリナン」の現地販売価格については言及していませんが、イギリスとアメリカでの販売価格 約3500万円に対し、為替相場と地方税を考慮すると、南アフリカでの販売価格は約7,600万円と2倍以上の価格に跳ね上がることが判明しており、購入できる層や条件等も限られているのではないかと思われます(関税だけでも約36%)。

Reference:Zero2Turbo

関連記事:南アフリカにて納車予定のパガーニ「ウアイラ・ロードスター」が公開。カーボングレーとパープルアクセントのナイスな組合せ(2018/5/11投稿)

今年10月末、南アフリカにある正規輸入者ディーラ・デイトナにイタリアのハイパーカーメーカであるパガーニのモデルを正規輸入できる業者として正式任命されることが確定していますが、デイトナとして初めて納車予定の「ウアイラ・ロードスター」の最終仕様画像が公開されました。

この「ウアイラ・ロードスター」は、約2年の月日をかけて製造予定とのことでしたが、新たな情報として、早ければ年内に納車される可能性が高いと言われています。

今回納車される予定の個体は、グレーカラーのフルカーボン仕様に、パープルカラーのアクセントを加えた珍しいツートンカラー。
エンジンルームもちょこっとだけ確認できますが、ゴールド(イエロー)カラーのエンジンカバーが被せられています(恐らくエンジンカバーもカーボン仕様)。
インテリアはフルレザー(と思われる)スポーツシートやダッシュボード、内ドアトリムにパープルカラーを採用し、ステアリングホイールにはカーボンファイバパネルとパープルのアルカンターラの組合わせ(南アフリカは右ハンドル仕様)となっています。

なお、南アフリカにて販売される「ウアイラ・ロードスター」の価格設定は、一般的には約2.4億円と非常に高額であるも、南アフリカでの価格設定ともなるとその価値は約2.8億円。

しかも、ここに約36%の税関が追加されるため、単純に約3.8億円の車両本体価格になるとのことで、この価格はもしかすると同車の中古車市場価格よりも高額なものになるかもしれませんね(約3.8億円ともなるとアストンマーティン「ヴァルキリー」(約4.5億円)の次に高額な車両とも言える)。

【関連記事】
税関込みでいくらぐらい?南アフリカの代理店・デイトナがパガーニの正規輸入車ディーラに任命(2017/10/31投稿)
目標は年間50台販売。南アフリカでもランボルギーニ正規ディーラオープンへ(2018/4/25投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >ロールスロイス
-, ,