米国メーカ >シボレー

シボレー「コルベットZR1」にZTKパフォーマンスパッケージを装着してみた→想像以上に車高が低すぎた件

先日ニュルブルクリンクサーキットにて、ポルシェ「911GT2RS」の6分47秒に挑戦したところ、7分12秒と不甲斐ない結果に終わったシボレーのハードコアモデル「コルベットZR1」。

”コルベット史上最強”と謳われた一台で、パワートレインは、排気量6.2L イートン製LT5 V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力765ps、最大トルク969Nmを発揮。

パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は僅か2.85秒(フェラーリ「488ピスタ」と同じ加速力)で、最高時速は341km/hにまで到達するも、価格帯は約1,500万円程のコスパ最強の一台となっています。

スポンサーリンク

そんなコスパ最強でありながらもパフォーマンスも相当に高い「コルベットZR1」には、ZTKパフォーマンスパッケージなるオプションが存在し、フロントスプリッターを設けることで約430kgのダウンフォースを発生することが可能で、更には調節可能なハイウィングも追加。

その他の装備には、ミシュラン製パイロットスポーツカップ2のサマータイヤ、シャシーの改良、更には大きなコーナリンググリップを提供するリターン式磁気式ライドコントロールシステムを装備することで、これまで登場してきた「コルベット」よりも加速力だけでなくコーナリング性能にも長けた性能を持ちます。

最初の画像でも確認できますが、フロントロアバンパーからスプリッターにかけてのクリアランスはもちろんのこと、地面から最低地上高にかけても”9cmあるのか?”と思わせる程の低さを見せています(日本の車検に通るとは思えぬほどの低さ)。
また、フロントエンドのデザインにおいては、まるでカメムシをモチーフにしたかのような形状で、それはまるでランボルギーニ「アヴェンタドール」のよう。
日本に納車されるかどうかは一切不明ですが、間違いなくスーパーカーに部類できるほどの外観とパワーを持つ一台となるため、一度は間近で見てみたい注目の一台でもあります。

 


【「コルベットZR1」関連記事】
新型モデルのニュルラップタイムが遂に公開。ポルシェ「911GT3RS」は6分56秒、シボレー「コルベットZR1」は?(2018/4/17投稿)
その記録僅か1秒差。シボレー「コルベットZR1」が「フォードGT」のラップタイムを更新【動画有】(2018/2/2投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生(2017/11/13投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ(2017/11/29投稿)
ヘネシーが1,200馬力超えのシボレー「コルベットC7 ZR1」をチューニング、0-100km/hは驚異の2.2秒(2017/12/9投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, ,