ロールスロイス「ファントム」のレプリカ&アイアンマン仕様が90万円に販売中。ところで、ベースモデルは何?

アメリカの中古車サイト・Craigslistにて、ロールスロイス「ファントム」のレプリカモデルが約90万円と激安価格にて販売中。
こちらのモデル、アメリカの自動車メーカ・リンカーンの1996年式となる大型高級セダン「タウンカー」をベースに改造したもの。

今回ベースとなっている「タウンカー」は、初代登場から9年目を迎えた2代目モデルで、リンカーンブランドの客層若返りを目的に内外装を大きく変更したフルモデルチェンジタイプでもあります。
もちろん、2代目の「タウンカー」は大きな成功を収めることとなり、1990年代のアメリカ市場でのフルサイズ・セダンとして一番の売れ筋モデルでもありました。

スポンサーリンク

話はこちらの中古車モデルへと戻りますが、フロントデザインはとても「タウンカー」とは思えぬ程にロールスロイス色を前面に出した改造車両。
ボディカラーはキャンディレッド風とゴールドを上手く組合わせたアイアンマン仕様にカスタム。

フロントエンドには、大型スリットが入ったグリルに加えて、長方形のフロントヘッドライト、直下には丸型のフォグランプを追加していて、完全に「タウンカー」の原型を無くしています。

サイドから見てみると、あくまでも「ファントム」のボディキットを装着しているだけなので、スタイリングはかなり不自然ですが、当時としてはダイナミックともいえる20インチの合金ホイールのインパクトが大きく、「シルバークラウド」のようなロングノーズは非常に印象的でかなり手の凝ったデザインと言えそうです。

レプリカモデルとは言えども、カスタムしたオーナーの熱い”クルマ愛”が伝わってくるほどにしっかりと作り込まれ、ボディコンディションも抜群。
定期的なメンテナンスはしっかりと行っているとのこと。

リヤトランク側には、何やら白いペンキのようなものが塗りたくられていますが、もしかするとリンカーン「タウンカー」のバッジを剥がした後なのかもしれません。

インテリアも、フロントはブラックのフルレザーシートで、リヤシートは座面がレッドで背もたれがブラックというツートン仕様。これも「ファントム」ボディキットの一つとしてパッケージングされていて、その他にはパワーウィンドウやパワーロック、パワーミラー、パワーシート、レザーインテリアもセットで備えられています。

パワートレインは「タウンカー」をそのまま流用しているため、排気量4.6L V型8気筒SOHCエンジンを搭載し、最高出力213ps、最大トルク373Nmを発揮。トランスミッションは4速AT、駆動方式は後輪駆動(FR)となります。
なお、走行距離は約20万kmとかなり走り込まれていますが、定期的なメンテナンスを実施していたおかげもあってか、一度も故障していないとのこと。

【レプリカモデル関連記事5選】
途中で諦めた?未完成状態のブガッティ「ヴェイロン(レプリカ)」が約45万円にて販売中(2018/5/10投稿)
1966年式のバットモービル(レプリカ)がオークションに登場。再現性も高く予想落札価格は約2,500万円から(2018/5/2投稿)
中身は何?ランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」のレプリカが約300万円にて販売中(2018/4/9投稿)
メルセデスベンツ「300SL」のレプリカが約1,200万円にて販売中。ベース車両は一体ナニ?(2018/2/25投稿)
ルーフが自動開閉だと?!中々完成度の高いランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」レプリカが登場【動画有】(2018/1/26投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう