まさか…ケーニグセグ「アゲーラFE」ではなく「アゲーラRS・グリフォン」が2回目のクラッシュだった模様

一昨日の5月17日16時25分頃、スウェーデン・トロルヘッタンにて、ケーニグセグ「アゲーラ・シリーズ」の最終ワンオフモデル「アゲーラFE(Final Edition)」と思われる車両がクラッシュした報じられましたが、詳しく調査したところ、どうやら1度クラッシュした「アゲーラRS・グリフォン」が再度クラッシュしたことが判明。

ケーニグセグ「アゲーラRS・グリフォン」といえば、昨年2017年5月11日の夕方頃に「アゲーラRS」のワンオフモデル「グリフォン」を納車前に事故らせてしまい、このモデルの復活版となる「フェニックス」を作り上げましたが、今回もその日に近い5月17日に2度目のクラッシュとなってしまった模様。

スポンサーリンク

ちなみに、この「アゲーラRS・グリフォン」と呼ばれる個体をオーダーした人物はイラン人億万長者で不動産王のManny Khoshbin氏。
この個体は、24金の金箔をあらゆるところに使用し、ボディパネルは全てカーボンという豪華すぎるワンオフモデル。
パワートレインは、排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力1,160hpを発揮します。

今回クラッシュしたモデルをテスト走行していたケーニグセグ社員にケガはありませんでしたが、「アゲーラRS・グリフォン」はフロントが完全に損傷してしまい、足回りもサスペンションが損傷し、ホイールが外れかける等の致命的なダメージを受けていることから、再度作り直しになる可能性が高そうです。

昨年クラッシュしてしまった個体が1年越しでようやく復活するかと思いきや…再度クラッシュして登場するのはまた来年…Manny Khoshbin氏もこれにはさすがに呆れてしまっているのではないかと思います。

Yes it’s true! I am sad to announce My Gryphon while being tested by factory driver went off the track and suffered body damage. Fortunately no one was hurt and I was contacted same day by Tariq and Christian himself with sincere apologies, as well as offering different solutions to situation. The one I liked the most, is that the factory repair and keep the Gryphon, as a factory test car and then build me a brand new Agera RS with a very unique specification. I must admit having dealt with many car manufacturers, I’ve never seen more genuine, professional company than Koenigsegg. Accidents do happen but how they respond is what makes them! #nevergiveup #turningsetbacksintocomebacks #biggerandbetter

Manny Khoshbin “Never Give Up”さん(@mannykhoshbin)がシェアした投稿 –


こちらは、Manny Khoshbin氏が1時間ほど前に投稿した謎のインスタグラム。
「アゲーラRS・フェニックス」?

Phoenix 🦅fire proof 😀

Manny Khoshbin “Never Give Up”さん(@mannykhoshbin)がシェアした投稿 –

Thank you @protectivefilmsolutions 👍🏻

Manny Khoshbin “Never Give Up”さん(@mannykhoshbin)がシェアした投稿 –

【関連記事】
えっ、怖っ…ケーニグセグの最終モデル「アゲーラFE」らしき車両が納車前にクラッシュ、しかも昨年には「グリフォン」も同じ場所で…(2018/5/18投稿)
クラッシュしたケーニグセグ「アゲーラRS」が新たな車両としてオーナーに手渡されることが判明(2017/5/18投稿)
ケーニグセグ究極のワンオフモデル「アゲーラFE」は2台登場。その内の1台は「Thor」で決定(2018/2/1投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう