世界限定4台のみ。某イベントにてケーニグセグ「CCXRエディション」だけ圧倒的な人気だった件

ドイツ・ニュルブルクリンクにて開催された某スーパーカー/スポーツカーイベントにて、ケーニグセグの希少モデル「CCXRエディション」だけ圧倒的な人気を誇り、おまけにカメラ小僧たちの写真の的になってしまった模様。
「CCXRエディション」は、「CCXR」のハイパフォーマンスモデルで、基本的なエンジンスペックは同じなのですが、足回りをレーシング仕様に改良した世界限定4台のみの超希少モデルとなります。

スポンサーリンク

世界限定4台というだけあって、やはりそう簡単に目撃することのできないハイパーカーですから、そりゃカメラ小僧たちもこぞって写真に収めたくなるのも納得。
最近流行りのカメラ女子も絶好のポイントから「CCXRエディション」をパシャリ。

「CCXRエディション」のパワートレインは、排気量4.8L フォード製V型8気筒ツインスーパーチャージャー型フレックス燃料エンジンを搭載し、最高出力806hpを発揮しますが、オクタン価98のガソリンの他にE85バイオマスエタノールやE100のエタノール燃料を使用することで、更に出力を1,018hpにまで向上することが可能となっています(しかも、パワーアップしてるのに二酸化炭素排出量は「CCX」よりも低いというエコロジーモンスター)。

ちなみに、「CCXRエディション」には、ユニークな大型リヤウィングや11スポーク式の鍛造アルミホイール、サイドウィングレット、カーボンファイバ製ボディ&シャシーをセットした超軽量モデルとなっています。

外観においてはカーボンファイバの純色にオレンジのアクセントストライプ、大型フロントスプリッター、取外し可能なカーボンファイバ製ハードトップと、カーボンセラミックブレーキ、油圧式フロントリフター、リヤパーキングカメラ等オプション多数。
そしてインテリアは、パワーウィンドウや調節可能なペダル&ステアリングコラム、パワーシート&ステアリング、エアコン等、こちらも機能性を重視したオプションを多数装備しています。

なお、これだけのオプションを装着しながらもパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.9秒、0-200km/hは8.75秒、0-200-0km/hの加減速時間は13秒、そして0-300-0km/hは25.5秒を実現。最高時速は400km/hにまで到達し、時速250km/hにて走行の際は、最大350kgのダウンフォースを発生するとのことです。

【関連記事4選】
あの大幅下落していたフロイド・メイウェザー氏が所有していたケーニグセグ「CCXRトレヴィータ」が早くも中古車市場に登場。気になる価格は?(2017/10/28投稿)
ロンドンにて、ケーニグセグ「CCXR」が駐禁。オーナー「ハイパーカーなら大丈夫だと思った」(2017/10/4投稿)
2億円以上の大損。フロイド・メイウェザー氏が所有していた「CCXRトレヴィータ」が半値で落札【動画有】(2017/8/21投稿)
ケーニグセグ「CCX」が約1.7億円にて販売中。人気もあってか安定の高額維持?(2017/11/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう