中古車サイトにて、ワイスピ&ドリ車仕様に魔改造された日産「GT-R」が販売中。FR駆動で6速シーケンシャルMTとか変態だろ…

人気中古車サイト・グーネットにて、ワイスピ仕様に魔改造されたと推測できる日産「GT-R」が1,200万円にて販売中。
こちらの個体、2007年モデルとして製造されたわけですが、早速1枚目のボンネット開閉画像から普通ではないフェンダーの嶺の内側から開口され逆アリゲータに開閉可能なフード(シボレー「コルベット」やアストンマーティンも同様)へと変化していますね。

スポンサーリンク

ボディカラーや外観からして、明らかにワイスピ風にカスタムされていますが、ホイールや足回り、サイドマフラ等、細かい点については再現できていない模様。

ですが、それ以上に変態的な改造を施しているのが今回の中古車モデル。大きくカスタムしているのは以下の通り。
まずは、足回りが四輪駆動(AWD)から後輪駆動(FR)へと変更され、ワンオフのロールケージやMoTec M800+DBW4(合計640,000円)、BenSopra製フルエアロ(3,496,500円)、トップレーシング製カーボンドア・トランク等、あらゆるところにダイナミックな変更が加えられています。

こちらは、BenSopra製オリジナルマフラ(298,000円)、BenSopra製GTウィングキット(498,000円)を装着。

フロントボンネット内もかなり変態的。
JUNカムシャフト、JUNバルブスプリング&リテーナーセット(194,400円)、HKSインタークーラーキット TD06SH-25G10cm×2セット(計470,000円)、そして1,000ccインジェクター Fuelab燃料ポンプを装備。
パワートレインは、排気量3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載しますが、エンジン出力は優に800psは超えてそうですね。

足回りは、ENNKEI製GTC01 10.5Jのホイール4本(合計316,000円)、タイヤサイズは275/35R20。
ディスクローターはフロント・リヤ共にENDLESS製(150,120円)、そしてサスペンションはHKS製ハイパーMAX4 SP(399,600円)を装着します。

インテリアは完全レーシング仕様に鬼カスタム。
ワンオフのロールケージ(サイドバー付)は基本で、ブリッツ製ブーストコントローラ(69,800円)、BRIDE製フルバケットシート・ジータⅢ(合計170,000円)と、これだけでもうお腹いっぱいです。

メータ関係も社外メーカ・Racepac製IQ3メータ(254,700円)へとリプレイスされていますが、走行距離は不明。

これはもう変態と言わざるを得ないシーケンシャル6速MT ORC特注トリプルクラッチを搭載します(3,000,000円)

恐らくカスタム費用だけでも新車の「GT-R」が一台購入できるレベルかと思いますが、そう考えると1,200万円にてこの個体が購入できるのはかなりお買い得なのかもしれませんね。

【関連記事4選】
これは酷すぎるミス。2013年式・日産「ノート」の車両本体価格が59.8万円、支払総額は約5億円?!(2018/5/19投稿)
これは珍しいミス。中古車サイト・カーセンサーにて、レクサス「LC500」が”12,180万円(1.2億円)”にて販売中(2018/5/4投稿)
ちょっと変わったランボルギーニ達が中古車市場にて登場。空吹かし、ゴールドカラー等(2017/8/18投稿)
世界限定1台のみ。ランボルギーニ「カウンタック」進化版となる「ソニア」が国内中古車市場にて販売中(2017/7/17投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう